スタジオ・ハーフ・アイがこれまでにリリースしてきた『完全変形』シリーズは、初の完成品販売となった『完全変形ゲッターロボ』でひとつの到達点に至ったともいえる。が、その名の通り、『完全』な『変形』をコンセプトに、差し替えなし、変形後のどの形態においても破綻を来さないプロポーションを実現するべく作り上げられていた『完全変形』シリーズは、そのコンセプトを追及した結果として、膨大なパーツ数と、それに伴う高価格を背負わなければならないものとなってしまい、いわゆる、『敷居の高い商品』となってしまった。
 「これまでのクオリティを維持しながら価格を下げたい。非常に高いスキルを要求される組み立てキットではなく、より多くの人に完全変形を楽しんでもらいたい」
 サイズと機構をコンパクトにすることによりその思いの実現を図ったのが『完全変形CV(Compact Version)』シリーズである。
 その『完全変形CV』シリーズ最新作として連続リリースされた原作版『真ゲッター1』および『2』をここで徹底検証する。

*画像はイメージを含みます。実際の商品とは異なります。
*各画像をクリックすると大きく表示されます

OVA版から原作版へ!CV真ゲッター1
轟け!完全変形CV真ゲッター1!!
穿て!完全変形CV真ゲッター2!!
これが真ゲットマシンだ!!
変形! 合体!! 真ゲッター!!!
通販特典!遊べるオプションパーツ!!
Next
商品紹介ページ 商品紹介ページ
特集・完全変形CV真ゲッター1,2 |010203040506

 ©STUDIO HALFEYE

 ©永井豪・石川賢/ダイナミック企画