2006 年 12 月 19 日

驚愕巨大1m大空魔竜建造計画 061219

高島 肇 — カテゴリー: 大空魔竜建造計画 @ 12:15 PM

研究者:高島

 

 

さて、スタートしました。
1メートル大空魔竜計画。
今回もキッカケは、例えで話していた企画が転がって、実際のものを作ってみたくなってしまいました。
完全変形ゲッターロボやガオファイガーの時と同じですね。
こういう流れで自分の中にリミッターをつけずに立ち上がった企画は、すごく面白い作品になる可能性があるので、このまま行っちゃおうと思います。

ただ、今のところは完成して商品化できるところまで到達できるかは全くの未知数。
強度や材質、製造に関わるコストやそれに見合う売価で、何人の勇気あるお客さんが存在するかはさっぱり分かりません。
途中で挫折する可能性も十分にありますが、ゴールに向かって悪戦苦闘するところを一緒にハラハラしながら見てもらおう、というのが主旨です。
これに関しては何個売って、利益がどれぐらいで、といったようなことは全く念頭にありません。
損をしなければ上々です。
まさにこれこそ、挑戦することに意義がある作品と思います。

成功のおりには是非、おしみない拍手を期待するところ大であります。
 
さて、進行の方ですが、まずは全体像が分からないとどうにもならんので、実寸大のコピーを作りました。

デカッ!

やっぱ1メートルはデカいわ~。
あらためて分かりました。
これぐらいになると、大きさ自体に変な存在感が出てきて、非常に説得力があります。

先日、版権元の東映アニメーションさんにお邪魔した時にも、これを持って行って見てもらいましたが、ガイキングともどもとてもウケました。
結果、今回の企画はまるまるOKをもらえました。
今後、東映アニメーションさんとは連動して企画を進行させていきますので、ぜひこちらのH.P.もご覧下さい。

【東映アニメーション公式サイト】http://www.toei-anim.co.jp/

まずはサイズの確認はできたので、次は材質とともに構造を考えていきます。
何となくイメージは出来てはいるのですが、次回はできるだけ具体的に構造を考えようと思います。

by 高島

 

 

 

*当企画は商品化を念頭においておりますが、実現しない場合もございますので、あらかじめご承知おきのうえお楽しみください。

© STUDIO HALFEYE