2013 年 3 月 7 日

完全変形グレンラガン130307

高島 肇 — Filed under: 完全変形グレンラガン @ 8:18 PM

やっと身辺が落ち着き、グレンラガン本体設計の微妙な修正と、ギガドリルの設計に入っています。
グレンはワンダーフェスティバルでの展示後に、さらに脚が縮まるように手作業で機構を作り替えました。紹介ページで載っているのがこれですね。
grlg130304a
grlg130304b

結構、この手作業は野蛮なもんで、精緻なデジタルで出力された光造形の部品をノコギリでギコギコギコ〜、モーターツールでギャリギャリギャリ〜!といった調子で加工して行きました。

出力時には一旦完成している設計に手を入れるのは、なかなか骨が折れもので、ただ沈み込む距離を増やせば済むものでもありません。
その場のアドリブでの発想が必要になります。
ウンウンうなって、追加でヒザアーマーとスネカバーがスライドするなどの追加のギミックをひねり出しました。

ただ脚が伸び縮みするだけではないのです。周辺の部品が色々関連して動いています。この辺はウチのギミックが好きなお客さんとかが見てくれるとかなり楽しめると思うのですが。

今はまた設計に入っちゃってるので、しばらく地味な展開になります。
これが出来上がって出力に入った時には、カミナとシモンのフィギュアの製作に入りますので、この辺りで画像を載せて行けると思います。
お楽しみに。

今週は以上!

by 高島

※画像は開発中の原型を撮影したものです。今後予告なく形状・仕様が変わる可能性があります。

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2013 年 2 月 15 日

完全変形グレンラガン130215

高島 肇 — Filed under: 完全変形グレンラガン @ 7:06 PM

ワンダーフェスティバルも無事終了し、当日はまだ入れていなかった合体時のラガンのロック機構などを加える作業をしておりました。
その後の撮影も一通り終了し、現在紹介ページの準備作業に入っています。
やっぱパソコン操作よりも実物を加工する作業の方が圧倒的に楽しいんですが、それもほぼ終わってしまいました。
あと実作業で残っているのはコクピットに座らせるカミナとシモンのフィギュア製作と磨きだけです。うぐぐ、磨きは楽しくないです・・・。

今回はグレンとラガンおよび合体後のグレンラガンの画像をチョコッと載せます。
WF当日は判らない方もおられたようですが、ね、これなら合体してるって判るでしょ!?
grenn130215a
gurren130215b
gurenn130215c

紹介ページはあと数日で公開しますので、もう少々お待ちください。
WF会場にてお申し込みいただいたお客様へのご案内の発送も、同じくもう少々お待ちいただけますようお願い致します。

今週は以上!

by 高島
※画像は開発中の原型を撮影したものです。今後予告なく形状・仕様が変わる可能性があります。

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2013 年 2 月 6 日

完全変形グレンラガン130206

高島 肇 — Filed under: 完全変形グレンラガン @ 11:48 PM

グレンの組み立てが終了!

gurenn130206a
gurenn130206b
腕の作業は比較的スムーズに行きました。
途中でまたパソコンというか、サイトの具合が悪くなっちゃったりで、時間が取られた割には良いペースだったと思います。

ただ、大きな変更や修正の必要は無かったものの、それなりに大変な所はありました。
このグレンの腕の場合は下腕に仕込んでいるコブシ飛び出しギミックのスイッチ部分がキッチキチになっており、一回組み立てたは良いが外す事が出来なくなってしまい、ちょっとビビりました。
なんとか分解が成功し、その後はひたすらヤスリで調整。
今はスムーズに動作してます。

設計のデータ上ではコンマ何ミリで形をキッチリ決めていても、いざ組み立ての時になると意外に上手く行かない時があります。
光造形で成形するときの向きや素材の特性、部品自体のサイズによる影響もあります。
この辺はある程度経験で読みを効かせて設計時に工夫をしてフォローするのですが、なかなか思ったようにはいかないものです。
まだまだですね、自分も。

あと残すところは頭部のラガンのみです。ワンダーフェスティバルに間に合うでしょうか?・・・がんばります。

今週は以上!

by 高島
※画像は開発中の原型を撮影したものです。監修前のため、今後大きく形状・仕様が変わる可能性があります。

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2013 年 1 月 31 日

完全変形グレンラガン130131

高島 肇 — Filed under: 完全変形グレンラガン @ 2:31 PM

グレンの胴体の組み立てが完成し、脚部の作業に移行しました。
現時点でヒザの接続作業を残して、脚の作業もほぼ終了。
grenn130131a-400x300
grenn130131b-400x300
grenn130131c-400x300
脚の伸縮機構等の変形機構は主にヒザから下に集中しています。
グレンの状態と隣がグレンラガンの状態です。スネの伸縮以外の違いが分かるかな?

さあ次は腕ですね。一気に行こう!

今週は以上!

by 高島
※画像は開発中の原型を撮影したものです。監修前のため、今後大きく形状・仕様が変わる可能性があります。

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2013 年 1 月 22 日

完全変形グレンラガン130122

高島 肇 — Filed under: 完全変形グレンラガン @ 7:35 PM

グレンラガンの設計がついに完成しました。
コラムでも書きましたが、当日の残り時間はちょっとだけのんびり出来るかと期待しましたが、見事パソコンのトラブルで消費されてしまいました。あ〜あ。
いやいや、そんな小ちゃい事で嘆いているヒマはない!
今は組み立て作業に専念しています。

今回は腰が付きました。特に構造上の難しい点もなく組めて行っています。
画像でも動かしていますが、腰のひねり・左右への傾き・前傾・のけぞりの動きが取れます。

grenn130122a
grenn130122b
grenn130122c
設定ではコクピットブロックは独立したユニットになっていますが、原型では上半身と下半身をつなぐいわば背骨の役目を持たせています。

腰アーマーの下に見えるボルト状のパーツは股関節ユニットで、これにかぶさる球形のカバーパーツは特別な役割を持っています。
これの解説は次回以降で。

今週は以上!

by 高島
※画像は開発中の原型を撮影したものです。監修前のため、今後大きく形状・仕様が変わる可能性があります。

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

© STUDIO HALFEYE