2014 年 3 月 13 日

グレンウィング 140313

高島 肇 — Filed under: 完全変形グレンラガン @ 10:00 PM

現在続いているグレンウィングとセットになるユニットの開発を続行中。
そろそろ何を作っているか公開しましょう。
口の開閉機能があり、ある程度の表情を作れるラガンです。
名付けて「スペシャルムービング・ラガン」(仮)。

grw140313
※画像は従来のラガンの物です。

以前にも書きましたが、グレンラガンの企画開始時から、というかTVアニメ「天元突破グレンラガン」の第1話を始めて見た時から考えていたギミックです。劇中の表情豊かなラガンを再現したくて仕方が無くなったもので。

とはいえ、本体の設計時にはあまりの小ささにラガンの変形機構を再現するところまでが精一杯で、顔ギミックの再現は断念せざるを得ず、悔しい思いをしてました。
顔ユニットを差し換えれば簡単に片付くんですが、手首と違ってそれをやっちゃうのには抵抗を感じ、そのため製品にはあえて付けませんでした。

ただ自分の場合、映像作品への愛情はすなわち制作意欲ですからね、諦めたくはないわけで、グレンラガンが売れてくれたおかげで折よくグレンウィングの企画も始まる事となり、これをセカンドチャンスと考え再挑戦する事としました。
よし、やるぞー!

設計の方はラガンのおかげで、小サイズ部品設計のノウハウも溜まり、部品の構成についてもなんとか再現出来そうです。
今回、表情で欲しい動きは「歯を食いしばる」、「口の隅を上下させる」、「口を開ける」の3種類です。
これらの組み合わせで劇中の様々な表情を出せると考えました。
とくに前半クライマックスで螺旋王に
「ガタガタ言ってんじゃねェ!!」と啖呵を切るような顔が欲しいです。
口の開閉は内部にヒンジを仕込むとして、口の隅や歯を見せるといった動きは唇等の顔の表面の動きです。
これは上唇を含めた顔上半分の表面ユニットを作り、これの動きで表現しようと考えました。
顔表面パーツの上から鼻部分を固定ピンのように突き刺して、下の頭蓋骨ユニットにとめようと言う考えです。
顔表面は1点で止まっているので自由に動いて表情を作れる物と考えました。実際、CADソフトの中では上手く動いています。
これでなんとかなると思い、出力に踏み切りました。

次回は実際の部品の組み立ての話。いきなりピンチに陥ります。

今週は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2014 年 3 月 5 日

最小変形ゲッター3(ver.2014) 140305

高島 肇 — Filed under: 最小変形ゲッター3ver.2014 @ 4:53 PM

前回からだいぶ間が空いてしまいました。
ベアー号の続きの話のはずだったのですが、部品の再出力を行ったので、今回はその話で。

g3_140303
g3_140303b
前回の出力を行った部品を改良して、再度出力を行いました。
外観は全く変化はありませんが、内部構造を色々いじってあります。構造的な弱点が色々と出たので、これらの改良が行われています。
腕部のボールジョイントの構造はガラッと変わっていますが、さすがにこの画像では分かりませんね。

これからはいよいよ各部品の研きが始まり、完了後に塗装です。
完成間近です。

今週は以上!

by 高島

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
※こちらの写真に使用の製作中原型は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

2014 年 3 月 3 日

グレンウィング 140303

高島 肇 — Filed under: 完全変形グレンラガン @ 10:05 PM

出力屋さんから届いたグレンウィングの部品が組み上がりました。
グレンラガン本体への取り付けも問題なく成功。
grw140303a
grw140303b

つぎは例の秘密ユニットの組み立てですが、恐ろしく細かいためこっちの方は苦労させられそうです。
上手く行くでしょうか?

とりあえず今週は以上!

by 高島

※画像は開発中の原型を撮影したものです。監修前のため、今後大きく形状・仕様が変わる可能性があります。

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2014 年 2 月 17 日

グレンウィング 140217

高島 肇 — Filed under: 完全変形グレンラガン @ 7:42 PM

今回は引き続きグレンラガンの飛行ユニット「グレンウィング」についてです。

現在はCADにて設計中。先日の大雪のせいで、家から一歩も出ない状態が数日続き、おかげで作業がはかどるはかどる。
もっとも、雪が降らなくてもこもるつもりだったんですけどね。
とはいえ、周りの環境っつーか、雰囲気が仕事以外はやる事が無いって感じで、抵抗無く没入出来ました。

グレンウィング140217a
グレンウィング140217b
現段階で外形の作業が終わり、内部構造に入っています。
良いペースですよ。
来週頃には同梱セットのユニットに取りかかっていると思われます。
さあさあ、このままガンガン進めましょう!

今週は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2014 年 2 月 9 日

グレンウィング 140209

高島 肇 — Filed under: 完全変形グレンラガン @ 5:14 PM

今回のヒミケンはグレンラガンの飛行ユニット「グレンウィング」についてです。
発売決定!・・・とはいえ、まだ本日から設計の作業を始めたばかりで掲載出来るような画像はまだ全く無いんですが。とりあえず、今回は本体のグレンラガンの画像のみで。
grlg130809a
グレンウィングはあるユニットとセットで発売をする予定です。
これに関してはまだ秘密。いまだ実現出来るか確証がないもんで。
設計が済み、CADデータから出した光造形の部品を組めて、初めて発表してよいか判断出来るものだと思ってます。
そんなに時間はかからないと思うので、しばらくお待ちください。
実現できなかった場合は・・・スットボけますので、深くは追求しないでください、ハハハ。

さらに、おかげさまでグレンラガンの予約・販売数は見事に予想を上回る良い成績をおさめました。
これをうけて、グレンラガン・シリーズの次なるキャラクターにも挑戦する事にしました。さて、なんでしょう?
こっちはさらに大変そうです。自分でもやれんのか、コレ?というものです。
発売はだいぶ先になりますので、楽しみにしていてください。

なんか、開発というより予告ばっかりになっちゃいましたね。
現在、お待ちいただいている1月の発送分のグレンラガンは本日発送の予定です。大変お待たせし、申し訳ありませんでした。

というわけで、今週は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

© STUDIO HALFEYE