成形関連160320

前回の設計終了後の1日お休みをいただいた後、現在はひたすらガイキングシリーズの型の製作作業を続けております。
アシスタントのN君が粘土埋めで作ってくれたシリコンゴムの型に、レジンを流し込むゲートや気泡逃しのゲートを切り込むのが自分のパートの作業です。
himiken160320
画像の左側が現時点で加工作業が終了した型で、右側が未加工のものです。「完全変形ゲッターロボ」のほぼ倍という、なかなか大変な数になっております。
非常にデリケートな作業のため、これは自分1人でやらなければいけません。
前の仕事で手間取った分がこちらのスケジュールにそのまま影響が出てしまい、非常に申し訳なく思っております。
作業はあと1〜2日といったところで、完成次第すぐに部品の成形・組み立てに入ります。
スケジュールがずれ込んでしまい、ご予約のお客様にはお届けをお待ちいただいておりますが、出来上がり次第発送してまいりますのでもうしばらくご辛抱ください。

今回は以上!

by 高島

カテゴリー: 完全変形ガイキング・ザ・グレート | コメントをどうぞ

「最小変形ゲッター1ver.2014」160311

できましたー。
予定よりもかなりずれ込んでしまいましたが、ついに設計が完成。

g-1_v14_160311a
g-1_v14_160311b
ベアー号本体完成後の足首にまたもや時間をかけてしまいました。
どうもベアー号の時に取り付ける形がイメージにピシッと収まらなかったため何個も作り直し、収納に関連するスネカバーまで作り直しました。スネカバーは完成してたのにね。
そのため、前回画像公開したものとは別物になっています。
前のも面白い動きをするギミックを仕込んでたんで、すごく惜しいんですけどねー。
部品単位では完成しているものでも、他との兼ね合いがうまくいかない場合は容赦なくボツにします。

あとは最後まで手付かずになっていたウィングとトマホーク、ゲッタービーム発射口などを作って完成しました。

精神的にも体力的にもエネルギーを使い切ってしまったので、本日は休ませてもらってます。
どうしてこうも、毎回毎回ボロボロになるような仕事をしてしまうのか。
どうも夏休みの宿題というか尻に火が点かないと本気が出ないタイプとでも言うか、性格なんですかねー、良くないです。まったく。治せないんだよなー。

いろいろスケジュールがずれ込んでしまったため、すぐにも次に取り掛からなければいけない仕事が山積みですが、とりあえず今日だけは勘弁していただく、ということで。すいません。

全身像等に関してはまた後日、ということで

今回は以上!

by 高島

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 最小変形ゲッター1ver.2014 | コメントをどうぞ

「最小変形ゲッター1ver.2014」160303

ベアー号の設計に入っております。
かなり早めに進行して、現時点でベアー号本体の作業はほぼ終わっています。
g-1_v14_160303a
g-1_v14_160303b
先月2月中に完成させる!という目標で頑張っていたので、そのおかけです。
まあ結局、まだ闘っている真っ最中なわけで。あと2〜3日というところですかね。
う〜ん、頑張ったんですけどね、悔しいな。

進みが早くなったのはいいんですがかなり無理をしたため、また頭と体にガタが来てます。
現状、色々とスケジュールがずれて皆様にはご迷惑をおかけしているのですが、設計が終わった段階で1日ほど休養をとらせてもらいたいと思います。とりあえず寝ます。

さて、ベアー号は足首部分が残っているので、ここが済めば完成です。
一応「最小変形」のレギュレーションでは手首・足首は取り外しは可としています。
ゲッター2の方でも足首は着けたまま変形できるようにしていたので、今回もゲットマシンの状態でも装着したままでも変形できるようにしようと思っています。追加装備のブーストユニットっぽくまとまるといいです。

これが終われば、あとはいよいよゲッターウィングとトマホークを残すのみです。
完成間近。、期待してください。

今回は以上!

by 高島

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 最小変形ゲッター1ver.2014 | コメントをどうぞ

「最小変形ゲッター1ver.2014」160226

ジャガーの設計完了!

g-1_v14_160225a
g-1_v14_160225b
サクサクとは言わないまでも、割と早めでジャガーの後ろ半分は進められました。
特にキャタピラディテールの移動方法はあーでもないこーでもないの相変わらずの試行錯誤を延々と繰り返しました。
今は設計脳のテンションが上がっているためか、アイディアを思いついてボツ、即次のを考える、というサイクルがかなり高回転で行けたので、このお陰かと。
「ムウ、この部品の移動方法は・・・これだ!(ピシィ!)」(藤岡弘風)
という風に、いつかなれるといいんですけどね。

ちなみにこのキャタピラディテールはゲッター1のデザインおよび機能にはなんら貢献しないものですが、ゲッタ−3から続くゲットマシンのデザインの統一性を考えると大事な部分です。
無くしちゃえば楽なんですが、あえてオミットせずに表現しています。

現在はベアーの作業に突入しています。この勢いで進めます。

今回は以上!

by 高島

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 最小変形ゲッター1ver.2014 | コメントをどうぞ

「最小変形ゲッター1ver.2014」160218

ジャガーの作業に入っています。
毎回ジャガー機首の収納には手を焼きますが、今回も思いっきり手こずりました。何しろ大きいですからね。
g-1_v14_160218a
g-1_v14_160218b
現時点でジャガーの設計は半分ぐらい。ちょうど胴体の分割があるんでわかりやすく半分になってますね。
ゲッタ−1全体の作業としても大体半分ぐらいのところまで来ました。
これからジャガー胴体の後ろ半分と内部に格納する腕の作業に入ります。

だいぶ設計に勢いがついてきたので、次回のレポートの頃にはベアーの作業に入れているんじゃないかと思います。
とりあえず設計作業は今月中の完成が目標です。できるかなー?

今回は以上!

by 高島

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 最小変形ゲッター1ver.2014 | コメントをどうぞ