2015 年 12 月 11 日

「大完全変形 超銀河グレンラガン」151211

高島 肇 — Filed under: 大完全変形超銀河グレンラガン @ 11:18 AM

現在はメタリックゲッターの成形を行っています。今月で最後の生産です。次回の生産はいつになりますかね?もしかしたら、もうないかもしれません。
突然、型がぶっ壊れて新調しなければいけなくなったり、と相変わらずアクシデントが発生してますが、いい加減アクシデント慣れしているので、慌てず騒がず対処しております。
ただ、そっちに時間が持ってかれちゃうんでねー、これは辛いです。

さて、原型関係は成形関係と平行で各作業をちょこちょこと進めています。
超銀河グレンラガンはどんどん書いてよしとの許可をいただいているので、今回もこれの話。
hg_grlg _151211a
hg_grlg _151211b
ドリルモジュールの続きです。ドリル先端部と後部のノズル部分が出来ました。
ノズルの軸線はドリル本体から上にずれて付いている、というのに最近気づきました。
作業途中で突然、ん!?と気が付いて設定画を2度見することしばしば。ちゃんと見ているつもりで見れていないということですね。反省。
このあとはドリルモジュールのブリッジと羽の製作の予定です。

今回は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2015 年 12 月 7 日

「大完全変形 超銀河グレンラガン」151207

高島 肇 — Filed under: 大完全変形超銀河グレンラガン @ 1:26 PM

だいぶ間が空いてしまいましたが、超銀河グレンラガンのモデリングを再開しています。
年末のせい・・・というわけではありませんが、12月に入ってにわかに忙しくなり、なかなか設計の時間の確保が難しくなっています。前回予告していたゲッターの機能設定の話も書き上げるのに時間がかかりそうなので、もう少し先になりそうです。
現在は、遅れが出ているガイキング・ザ・グレートの巻き返しに注力しています。ちなみに明日は新規造形部分の監修です。
これで許可をいただければ、近日に画像公開できますね。ご期待ください。

さて、超銀河グレンラガンの方は艦体部分のモデリングは一旦止めて、両舷にあるドリルモジュールの作業を開始。

hg_grlg _151207a
hg_grlg _151207b
まずは軽〜くドリル付け根の本体部分から始めました。
と、行くはずでしたが、断面をつないでソリッド化する作業でなぜかソフトが言うことを聞いてくれません。
どうも一部の断面データが気に入らないようで、それを抜くとすんなり行くのですが、重要な要素なのでこれを外すわけにはいきません。
まあ、それなりに経験はあるので駄々をこねた時の対処法の幾つかを試して、なんとか納得させました。
シンプルな形でサクッと行くつもりだったのですが、予想外の時間がかかってしまいました。
CADはすんなり行くと早いのですが、こういう製作とは関係のない部分で時間を取られる時があるので、やっかいです。

今回は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2015 年 11 月 26 日

「最小変形ゲッター1ver.2014」151125

高島 肇 — Filed under: 最小変形ゲッター1ver.2014 @ 1:56 PM

今月25日発売の模型誌ホビージャパンにて、「最小変形ゲッター2ver.2014」が記事で紹介されています。
自分が当サイト用に撮影したものよりも格段にかっこよく撮れていますので、ぜひご覧ください。

さて、誌面でも書いておりますが、現在他のキャラクターと同時進行で2014シリーズのゲッター1を開発中です。
こちらはまだデザイン中のため、まだ画像を紹介できる段階ではないので、今回は文章のみでのレポートとなります。
何しろ、デザインといっても紙には書かず、直接CADで形を作りながら決めているため、なかなか時間がかかります。
イメージは固まってるんですけどね。

次回は2014シリーズの基礎にしている、機能の設定について書きたいと思います。

今回は以上!

by 高島

2015 年 11 月 23 日

「大完全変形 超銀河グレンラガン」151123

高島 肇 — Filed under: 大完全変形超銀河グレンラガン @ 8:58 PM

で〜きました〜・・・(がっくし)。たった今出来た。
やっと顔と艦首本体のつなぎ作業が完了。
誰だよ、顔は出来たからあとはサクサク行く、なんて言ってたの?
・・・あー、自分です。

hg_grlg _151123a
hg_grlg _151123b
hg_grlg _151123c

画像を見るとサラッと出来たように見えるでしょう〜?
ウグググ・・・全然、大変でした。
各パーツのラインをつながらせるために、艦首から顔面、周辺パーツ全部作り直すはめになり、ひたすら各パーツの断面サイズを変えながら形を調整。確認してまたやり直し、の繰り返し。
たまにどうにもたまらなくなると仕事場を脱走し、
「もういやだ〜!!」茶の間の方でゴロゴロ転がりまくってました。

こうなるのは判ってたんでね、それだけにモデリングを始める時は気が重いのです。
この作業の時は面を直接ヒョイヒョイいじれるサーフェイスモデルがうらやましくなります。
まあ、そっちはそっちでいろいろと大変なんだとは思いますが。

とにもかくにも、顔面及び艦首の作業はとりあえず終了。次は艦体両側のドリルユニットに行きます。
いやもう、モデリング終わらせた段階ですでに真っ白になっちゃいそうです。

今回は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2015 年 11 月 18 日

「大完全変形 超銀河グレンラガン」151118

高島 肇 — Filed under: 大完全変形超銀河グレンラガン @ 8:31 PM

艦首の顔と戦ってきましたが、やっと納得のいくものが出来ました。
早速、作った顔片面の反対側をミラーコピーで作って確認。
よしよし。いい顔になってる。
hg_grlg _151118a
hg_grlg _151118b
ふぃ〜、ひとまず一段落。
顔を作るのはホント大変です。
以前、グレンラガンの顔を作った時はもっと長く苦しんだ記憶があるので、今回はそれよりもだいぶ短い期間で終わらせられたことを考えると少し上達したのかもしれません。
体感としての大変さはあまり変わりませんが。

次回は艦首でこの顔が収まる場所周辺の寸法などの変更を行います。
もう何度目かのやり直しでかなりきてますが、それでも顔に比べると数等楽なのでサクサク進むと思います。
艦首まわりはもう一息ですね。

今回は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

© STUDIO HALFEYE