2004 年 2 月 19 日

完全変形ゲッターロボ<リニューアル・バージョン>040219


© ダイナミック企画 

ついに完成! いやー、大変でした。各模型誌の撮影も無事終了し、現在説明書用の撮影を行なっています。少し休めるかな〜と思い、ズ〜ッと作らないでとっておいたExS-ガンダムを引っ張り出しましたが、結局最初のコアファイターを作ったところでストップ。

現在ゴッドグラヴィオンの生産フォロー用の原型の製作と遅れ気味になっている「最小変形シリーズ」の新商品の設計をやっています。シクシクシク・・・Sガンダム・・・。

なんとか、ゴーダンナーに入るまでに作っちゃって、気分をリフレッシュさせたいところです。今週は以上!

by 高島

2004 年 2 月 12 日

完全変形ゲッターロボ<リニューアル・バージョン>040212

 

© ダイナミック企画 

今週は通販特典アイテムを製作しています。この特典パーツ、今回はなかなか良いアイディアが出ず、スケジュールぎりぎりまでなかなか決まりませんでした。

ゲッタービームがシャキーン! と伸びるパーツや、バネ仕掛けでジャキンッ! と起き上がるトマホークとか色々と考えたのですが今一つピンと来なかったため、野毛山と鈴木に相談しました。結果、非常に面白いアイディアが得られました。

今回はギミック仕込みのメカザウルス・スタチューです。胸正面の傷口にトマホーク、ドリル、及びゲッター3の指を差し込むと中のロックが解除されてメカザウルス・ヘッドがびよーんッ! と飛び出します。各形態に対応しているうえ、動きがバカらしくて笑えるので、自分は非常に気に入ってます。

胴体部をプラ板・エポキシパテで作り、頭部と背ビレ部分はファンドで製作しました。いやー、粘土造形って楽しいなあ・・・。ノリノリで作っちゃいました。

さて、ゲッター本体は現在、最終仕上げと塗装を同時進行で行なっています。近日中に模型誌の撮影があるため大忙しです。次回で塗装まで行なった完成状態の画像公開をする予定です。いよいよ次回、『完全変形ゲッターロボ・リニューアル版』、最終回です。お楽しみに。

by 高島

2004 年 2 月 5 日

完全変形ゲッターロボ<リニューアル・バージョン>040205

 
© ダイナミック企画 

ついに公開! 今回のリニューアルバージョンの最大の目玉、ゲッタートマホーク内蔵システムです。

旧商品の時には「さすがにトマホークは入れられませんでした・・・」と言いわけをしていたのがとても悔しかったので、なんとしてでも成功させたかったギミックです。とにかくキャパシティを確保するのが大変で、他の改修ポイントの作業と比べ倍以上の時間を要しました。

がんばった甲斐あって、収納に成功することが出来ました。いやー、入るもんですねー。

画像で出ているトマホークの収納ユニットはイーグル号の後部ロケット部分で、ゲッター2のモモにあたる部分です。旧商品でロケットノズルが収納されていた場所を拡張し、ノズル自体を外付け式にすることでトマホークのキャパシティを作りました。

さて、当ヒミケンのゲッターの紹介は残すところあと数回となりました。この完成間近の土壇場になってまたもや面白そうな作業が発生してしまいました。これに関しては、次回か、その次辺りで紹介したいと思います。

by 高島

2004 年 1 月 29 日

完全変形ゲッターロボ<リニューアル・バージョン>040129

 
© ダイナミック企画 

さて今週はゲッター2のドリルです。収納方法を変更しました。

旧製品ではドリルにつながる上腕部が収納時に干渉するためドリル本体にエグレを造り、デザイン的にこれに合うように別の面にも同じようなエグレディテールを施していました。で、今回はこの辺のエグレを全て排除してまんま、「ドリル!」な感じのシルエットにしました。

基本的な構造に違いはないので、上腕部に干渉するドリル本体を変形させることにしました。画像で分かると思いますが、真ん中からパカッと割れてアーム展開した後、お椀を重ねるように組み合わさります。この際に露出した内側空間でゲッター2上腕部と展開されたゲッター1の腕部の干渉を回避するわけです。

何よりも今回の構造のメリットは、エグレが無いため直径はほとんど変わらずに、ドリルが大きく見せられる様になったところです。

さて、次回はいよいよ秘密にしていた新ギミックを公開します。来週もこのページに、スゥイッチ! オン!!(今日は神谷さん風)

by 高島

2004 年 1 月 22 日

完全変形ゲッターロボ<リニューアル・バージョン>040122

 
© ダイナミック企画 

今週は、ゲッター3頭部周辺の改造です。とくに頭部横のミサイルが新造されてます。

旧製品はこの形態時に肩口に配置されているモモパーツからミサイルが生えているデザインでしたが、今回はより原作のイメージに近づけるため、頭部にセットされています。ベアー号の形態の時は、ヒンジを使ってモモの先端に配置されるようになっています。

もうお気付きの方もいるかとは思いますが、今回のリニューアル版ではロボットの各形態の特徴を強化する方向で作業しています。すでにゲッター1と3は完了しましたので、残りはゲッター2です。ゲッター2の特徴といえば・・・もちろんドリル! 次回は新構造のドリルの予定です。お楽しみに。

by 高島

© STUDIO HALFEYE