2017 年 9 月 1 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 170901

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 2:19 PM

エスカフローネの最後の加工作業が終了しました。
あとはひたすら研磨するのみです。
本体も間も無く1回目の研磨が終了します。
この後、サフを吹いた後に補修して2回目の仕上げ研磨を行います。

さて、今回は竜形態に搭乗する主人公の王子様とヒロインの女子高生のフィギュアのパーツ分割作業の話。

王子様は20年前の初回発売時に同梱、女子高生はその数年後の再販時に新たに加えたものです。
物語上、ヒロインが主人公にしがみついて竜に乗っている、という絵がしっくりいくと思ったんですね。

当時はムクの状態のレジンで成形していましたので、本体同様色分けなどは一切ない、一体成形の状態です。
腕と剣のみ別パーツですね。

で、今回はこれらも本体に合わせてできるだけカラーリングを再現しよう、ということで大まかな色に合わせてパーツ分割を行いました。
やり方としてはオリジナルの原型を何個か複製して、対象となる色の部分だけを残してあとはゴリゴリ削り落とします。
胴体のスカートと上着なんかの部分は割と簡単にできますが、髪の毛と頭部の分割はなかなか大変です。
ニッパーで大雑把に削った頭の内部をモーターツールでガリガリ削っていき、もう一方の髪の毛を削り落とした坊主頭がすっぽり入るように何度も確認しながら削っていきました。
主人公の髪の毛パーツは直径約6ミリ、ヒロインの方は約4ミリです。
これの内側をモーターツールでガリガリ削り広げるわけです。
油断しているとモーターツールが跳ねて他の場所やら指を削っちゃうんで、まあ怖いのなんの。
非常に集中力を要します。
その後は、坊主頭に密着するようにエポキシパテを充填して、硬化後に外せば完成です。あとは磨くだけです。

で、ここで事故発生。
作業机の上に置いていた、加工完了後の全パーツを入れた箱にうっかり腕を引っ掛けてしまい、床にぶちまけてしまいました!

必死に這いつくばって部品を探しました。
も〜、画像を見てくださいよ!これらわずか数ミリのパーツ全部が床にぶちまけられちゃったわけです。泣けてくる・・・。
esca170901
左がヒロイン、右が主人公のパーツ群です。

その後、なんとか各パーツを拾い集めたのですが、どうしても主人公の頭が見つかりません。
おそらくもう想像もつかない、とんでもないところまで転がって行っちゃったんだと思います。
2時間ほど捜索を続けましたが、これ以上は時間が勿体無いので、捜索は断念。再度また複製を削って作り直しました。
これに合わせる髪の毛と胸のエポキシパテの充填作業もやり直しです。
うっかりミスで半日近く時間を無駄にしてしまいました。・・・あー悔しい。

現在は、このフィギュア部品も研磨を行なっていますが、またぶちまけないよう袋に封入して管理しています。
今度やったら、まちがいなく心が折れます。
今回は以上!

by 高島

©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

2017 年 8 月 28 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 170825

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 10:23 AM

現在原型の研磨作業が続いています。
これと並行で色別成形用の部品分割をして来ましたが、最後の部品となりました。
竜形態時に背中に載せる主人公とヒロインのフィギュアです。
エスカフローネ本体と同様に全てのカラーリングを表現する、というのはさすがに難しいのですが、表現できるところまではやろう、ということになりました。

元の原型を切り刻むわけにはいかないので、まずは複製をとります。
esca170824
画像はこれの型埋めの半面で、粘土を取り去ったところですね。
これにシリコンをもう1回流して型の出来上がりです。
フィギュアの隣にあるVの字の部品は肩の飾りパーツです。
これは計4個必要になる部品なので、フィギュアの複製を作る際に一緒に抜いてしまおう、ということで一緒に埋まってます。
今回、このパーツは剣の刃の部分と一緒にシルバーで成形する予定です。

次回は最後の加工作業、フィギュアの分割に入ります。

今回は以上!

by 高島

©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

2017 年 8 月 4 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 1707804

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 4:31 PM

先日はワンダーフェスティバルの弊社ブースまでお越しいただいた皆様、ありがとうございました。
紆余曲折ありましたが、なんとか原型展示を間に合わせることができました。
今回の画像は組み上がった直後に撮ったものです。
esca170804a
esca170804b
esca170804c
これを展示する際にLEDで照らしあげる台座も急ごしらえで作りまして、これは当日の前夜に徹夜作業となりました。
朝方には完成しましたが、これらを持って会場に行かなければ行けないため大荷物となり、その上雨にはガンガン降られるわ、電車は止まるわで散々でした。

原型は一旦組み上がりましたが、またバラバラに分解してこれからしばらくは延々と研磨作業が続きます。

紹介する画像ネタがしばらくなさそうなので、台座についてはまたその時にでも紹介します。

今回は以上!

by 高島

©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

2017 年 7 月 21 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 170721

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 5:16 PM

現在、絶賛研磨作業中です。早くも飽きてます。
肩のクリスタル部分のクリアーパーツの原型をひたすら磨いています。
実はこれは2個目の原型で、前回は裏側の角の出し方がイマイチだったので、再度出力からやり直して磨いているところです。
前回の原型は本当に些細なものなんですが、肉厚そのままで各角度を出して出力し、クリアーで成形すると内側の角部分が透けて見えちゃうのが判明。
画像は1回目の成形テストの部品です。
esca170721a-1
丸の部分が問題のところ。内側が濃い色になって見えてしまってますね。こういうのは設計時に先読みできると良いのですがなかなかね、気が回らないのが悔しいです。

せっかくクリアーで綺麗に透けて見える見せ場の部分なんで、ここはぐっと我慢してやり直しているわけです。
で、これが今回の原型です。内側の角部分が変わっています。
esca170721b

今月末のワンダーフェスティバルで原型展示を行いますので、この際には修正版のクリアー成形部品をはめた状態で見ていただきたい!
他の部品も研磨途中ですが、できたところまでで仮の塗装を行った、カラーリングが分かる状態での展示の予定です。
間に合うか色々と不安ですが、頑張りますです。

今回は以上!

by 高島

©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

2017 年 7 月 14 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 170714

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 2:43 PM

長らく続いていた、胴体色分け用分割のパーツが揃いました。
今週は肩付け根部分の色分け作業を中心に行いました。
カバー用に複製した部品を切断後、内側をガリガリ削り込みます。本体側は同じく外側を削り込ます。
全部、目見当でやっているので、なかなか面倒です。
多めに削り込んでおけば、スポッとハマるだろうと踏んでいましたが、あっちが当たり、こっちが干渉するといった調子でカバーパーツが定位置に収まるまでかなり時間を要しました。
位置が決まったところで、内側にエポキシパテを挟み込んでぎゅーっと組み合わせ、硬化後にはみ出したところを削り込みます。これでそれぞれの形状に合うぴったりの形になります。

今回の色分け作業に合わせてネジの頭の配置も調整しました。
esca170714a
色分け部をカバーパーツとして外れるようにしてあり、ここの内部にネジの頭が出るようになっています。
esca170714c
メンテナンス時はこのカバーパーツをはずして行います。
これは今はスタンダードになっている方法ですね。
これにより、旧原型で露出していたネジがほとんど姿を消してます。寂しいですねー。
esca170714b

これで、本体の加工作業はとりあえずは終了。いよいよ磨きに入ります。クー、やりたくねー・・・。

今回は以上!

by 高島

©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

1 / 1012345...10...最後 »

© STUDIO HALFEYE