2017 年 3 月 17 日

「完全変形サイバスター専用ディスプレイスタンド」 170317

今週は「完全変形サイバスター」「専用ディスプレイスタンド」の生産の方でかかりっきりになってしまいましたので、今回はこちらのお話。

2作品の型の製作と調整がやっと終わり、テストショットが無事組み上がりました。

この2作品は再販となってはいますが、サイバスターの腰の部分の新規の部分もあり、バージョンアップされています。
部品表面はパール粉をコーティングされており、光がキラキラと反射する美しい仕上がりになっています。
これはここ1年ぐらいで自分が新しく身につけた新しい成形ノウハウが反映されています。

もう一つのウリは「専用ディスプレイスタンド」の発光モジュールです。
cyb170315c
早速光らせてみましょう。
cyb170315i
室内の照明を落とすと光量がどれだけか、わかりやすいですね。ブワーッと光ってます。

今回は発光部も社内で組み上げる方法にしています。
発光イメージはかなりしっかりと決まっていますが、これにあった既存のライトを探してもなかなか見つからないので、だったら自分達で作ってしまおう、とウチとしてはよくある流れでこうなりました。
内部の発光部はこういう部品が入っています。
cybst170317c
光らせるとこんな感じ。
cybst170317d
これはテープLEDといって、テープ状に配線されたもので、テープの側面部が光るタイプのものです。
前回同様、とにかくサイバスターの足元からブワーッと魔法陣が輝く雰囲気が欲しくて、スタンド内部の配置や部品の選定を延々と繰り返し、かなり時間をかけてしまいました。
最終的に導き出したのが現在の構造と部品です。
粘った甲斐あって、満足がいく輝きとなりました。
さらに外部電源式に切り替わった流れで、発光の操作はリモコンで行う仕様となりました。
光量調節に加えて、点滅などのモードも使えるようになっています。これも色々と遊べて楽しいですね。

と、こんな感じでテストショットも完成したので、いよいよ本番の製品版をお届けできるようになりました。
お待たせしております皆様、もうしばらくお待ちいただけますようお願いいたします。
※変更後のお届けのスケジュールはトピックスページにてご案内しております(コチラ)。

今回は以上!

by 高島

©SRWOG PROJECT

2017 年 2 月 11 日

完全変形サイバスター 170211

今回は久しぶりに現在、整形準備中の「完全変形サイバスター」の話です。
今はまだサイバスターは絶賛型埋め中です。
トピックスでの告知の通り、当初のご案内の1月ずれてのお届けの予定で進行しております。
作品の到着を心待ちにしていらっしゃるお客様、もうしばらくご辛抱いただけますようお願い申し上げます。

さて、今回の久々の生産にあたって内容が若干グレードアップしました。
サイバスターはデザイン上、背面のボリューム量がものすごくてその分重量も当然増加します。
基本、うちの作品は関節部のネジを増し締めすればポーズ固定ができますので、この重量を支えることはできます。

ただ、サイバスターのウェストのネジが少々締めづらい場所にあるため変形毎のネジの調整作業がなかなか手間がかかることに、昨年夏のワンダーフェスティバルの展示準備中に気づきました。
もっと早く気づけよ、とも思いますが、原型製作当時は変形させるので一杯一杯でここまで気が回らなかったんですね。

で、今回の再生産にあたり、この点を若干グレードアップすることにしました。
サイバスターの胴体伸縮システムは回転運動が基本になっているので、モジュールの部品のどれかの動きを止めれば固定できます。
変形モジュールの下半身側にストッパーが当たり後方、いわゆるのけぞる方向への動きを制限するようにしました。
画像の白いプラ板製の部品が今回の新規のストッパー兼レバーになる部品です。
動作時の一連の動きは下の通りとなります。
cyb_add_p_1
cyb_add_p_2
cyb_add_p_3
ストッパー部品は製品ではフレームパーツと同じ色になります。

もう一つの変更点は専用ディスプレイスタンドの光源ユニットです。
前回は乾電池内蔵式でしたが、これは他社製のLEDライトをそっくり組み込むやり方でした。
ただ、この他社製LEDライトのスペックの個体差が激しいため、調整やらなんやらで、当時はそれはもう大変な思いをしました。
今回、その辺のブレが少ないものをかなり探しましたが、最終的には当社内で作っちゃったほうが早くて安定する、という結論に至りました。
これにあたり、内部配線の簡略と安定化を兼ねて家庭用100ボルト電源を使用する外部電源に切り替えました。
基本的に中身が違うだけで、外観には変化はありません。

もうすぐ型が出来上がります。
製品テスト版の組み上がるのが楽しみですね。

今回は以上!

by 高島

©SRWOG PROJECT

2016 年 10 月 10 日

「完全変形サイバスター」161010

現在はまだ成形作業で一杯一杯状態で、設計を再開するまでもうちょっとかかります。本当あと数日なんですけどね。
頭をそちらに切り替える準備として、今日は久しぶりにサイバスターの話を書きましょう。

「完全変形」規格を設計する際は毎回、対象キャラクターを再現するのに加えて何かしらの新しいテーマに挑戦するようにしています。
テーマはその都度違いますが、新しいギミックを考える、というのは割と多いかもしれません。

サイバスターの場合はテコの原理を応用した胴体の伸縮ギミックです。
以前の記事ではハサミの画像を例にあげたりしていました。
手前味噌ですが、ただ引っ張ったり押したりするだけのものに比べて、非常に面白い仕掛けになっています。
cybst_160718b
cybst_160718a
画像は先日の夏のワンダーフェスティバルでの展示のために原型を組み上げた際のものです(各部品の色は以前の成形のために塗り替えたもので、製品とは違うものになっています)。

上半身の外装を取り去ったメインフレームの動きがこれでわかると思います。
伸縮動作は背中のスラスターを操作して行います。
スラスターを閉じるとこれに合わせて胴体は伸び、スラスターを開くと胴体は縮まります。

なんでこの画像があるかというと、先日の組み上げの際に部品の構成を忘れちゃってて、大変な思いをしたせいです。
この時期の作品はキット版がないため、組み立て説明書も存在せず、ほぼ設計した自分の記憶が頼りなんですが、これまた綺麗さっぱり忘れちゃってるんですよ。
まあ、なんとか各部品の形状を分析しながら組み上げたんですが、かなり面白かったんで撮影しておいた訳です。

「完全変形」規格作品はこういう新しい挑戦が行われているので、ご入手いただいたお客さんにはその辺も楽しんでいただけると嬉しいです。バラしちゃったりすると、今回の自分みたいに大変な思いをする可能性も無きにしも非ずですが。

最近は「最小変形」規格もCADのおかげで「完全変形」みたいになって来ています(特に最新のゲッター1は)。
合わせてこちらも楽しんでいただけると嬉しいですね

今回は以上!

by 高島

©SRWOG PROJECT

2016 年 7 月 14 日

完全変形サイバスター160714

再販が決定し、現在次回ワンダーフェスティバル(以下WF)の展示(ブース番号8−27−07です)に向けて、サイバスターの原型の再塗装・組み立ての準備に入っています。

保管していた原型を引っ張り出し、部品をざっと出してみましたが、もうどれがどこの部品だかさっぱり判りません。
部品の有無も判りませんので、一旦組み立ててみることにしました。
前回販売時の説明書とにらめっこで、判りやすそうなところから攻めていっています。
色は前回の成形時に表面仕上げ用に適当な色を塗っているので、あまり組み合わせの参考になりません。
cybst160714
とりあえずそれっぽいのを並べてわかるところから組んでいって、なんとか複数のためかさばる手足は大体見当がついてきました。
問題は胴体ですね。
背中のスラスターをレバーとしてここを開閉させると、連動して胴体が腰から頭にかけてガショガショ伸縮するというかなり凝ったギミックが入っています。
ここまでは憶えていますが、肝心の中身部品の配置がワカラナイ!
説明書にある画像はメンテ用のアクセスパネルを外して中身が見えているものがあり、これを参考に手足を組みましたが胴体はそういうようなところはないんですよねー。
構造を解明するのにもう暫くかかりそうです。

参考になるかと思い、サイバスターの過去の開発ブログを見てみました。
なかなか楽しいです。
ウン、組み立ての参考にはならなかったんだけどね。
次回以降、こちらの新しい方に再掲載しようと思います。

今回は以上!

©SRWOG PROJECT

2009 年 12 月 17 日

近況報告 091217

久しぶりのヒミケンです。
今回からヒミケンも自分で更新しています。
さて、上手くいきますか?

いまのところ、新しい仕事の方もかなりペースが上がって来ています。
ウチ独自の仕事ではないので、内容の公表は当分できないのが歯がゆいですね。
とりあえず、がんばってます、ということで。

今後の製品は外部の業者さんにお願いすることになっています。
いまの作品の色合いや表面の仕上がりには色々とノウハウが詰まってます(シュロウガ・サイバスターなんかはその最たるもんです。)から、その辺を是非再現してもらいたいと思ってます。

今週は以上!

t091022d
©SRWOG PROJECT

by 高島

1 / 912345...最後 »

© STUDIO HALFEYE