2004 年 8 月 6 日

最小変形ゴッドΣグラヴィオン&完全変形ゴーダンナー!! 040806

 
©大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会 © 2003 Project GODANNAR

今回は1日遅れのヒミケンです。昨日は会社を休んで野毛山と芝居を見に行ってました。ハッハッハ。

さて、ゴッドΣグラヴィオンがついに全パーツ揃ったので、合体状態での画像公開です。いやー、長かった。結構大変でした。これからの仕上げは鈴木にバトンタッチするので、しばらくΣのレポートはお休みです。

ゴーダンナーの方も動き出しましたよー。今回は足首です。秘密ギミック入ってますが、まだ内緒。全部出来上がってから公開します。それではまた来週!

by 高島

2004 年 7 月 29 日

最小変形ゴッドΣグラヴィオン040729

高島 肇 — Filed under: 最小変形ゴッドΣグラヴィオン @ 6:18 PM

 
©大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会

Σのパーツ製作、ついに終了! 今週はΣオリジナルのオプションを製作しました。まずは「グラヴィティランサー」(だっけ?)です。柄の部分と刃の部分が別パーツになってます。刃は劇中ではビームで構成されているようなので、クリアーパーツで成形しようと思ってます。

もう1個の方はアルティメット用のパーツです。アルティメット時にソルグラヴィオンの足の裏にくっつくドリラーですが、ソルの足に比べてかなり小っちゃくなってしまいます。もともと腕サイズのものなんで小さいのは当たり前なんですが、バランス上でっかくしないと格好がつきません。

解決策としては、ちょうど良いバランスに大型化したドリルと本体の前部を合神時に上からくっつけることにしました。名付けて「グラヴィティ・スリッパ」!ハッハッハ。

現在、アタッカーを複製中なので組み上がった状態は次回に載せられると思います。

とりあえず、Σの1次原型の作業はほとんど終わってしまったので、早速ゴーダンナーの作業を再開しました。このへんも次回からレポートを再開します。それではまた来週!

by 高島

2004 年 7 月 22 日

最小変形ゴッドΣグラヴィオン040722

高島 肇 — Filed under: 最小変形ゴッドΣグラヴィオン @ 6:06 PM


©大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会

ΣバージョンのGアタッカーがあがりました。ちょっと幅が増してます。アルティメット時にグランカイザーの肩部分を収めるためです。さらにフクラハギ部分にはアルティメット用の合体モジュールが増設してあります。

さて、ゴッドΣグラヴィオンの1次原型の作業もいよいよオプションパーツを残すのみとなりました。次回で終わるね。間違いなく。

by 高島

2004 年 7 月 15 日

最小変形ゴッドΣグラヴィオン040715

高島 肇 — Filed under: 最小変形ゴッドΣグラヴィオン @ 5:58 PM


©大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会

先週グランΣの1次原型が取りあえず完成したので、Σバージョンのグランディーバに取りかかっています。

やっぱグランΣ本体に比べて作業が全然楽です。あっという間にシャドウとドリラーが出来ちゃいました。せっかくなのでクレッセントの裏側に合体ピンを設けて、ドッキングできるようにしてみました。

グラヴィオン形態時にピンのせいで肩周辺がかなりキツキツな感じになりますが、セカンドシーズンの発進シーンを再現できたほうがお客さんは喜ぶと思いましたので、こういう選択になりました。

来週は最後のパート、Gアタッカーにかかります。いよいよ1次原型終了間近です。

by 高島

2004 年 7 月 8 日

最小変形ゴッドΣグラヴィオン040708

高島 肇 — Filed under: 最小変形ゴッドΣグラヴィオン @ 5:49 PM


©大張正己・赤松和光・GONZO/グラヴィオンツヴァイ製作委員会

今週はグランΣの着色状態です。ホビージャパン・ニュータイプ誌の掲載用に猛ダッシュで肩の修正・仕上げ磨き・塗装を行ないました。ただ〜し!見映えはかなり良くなっていますが、完成状態まではまだだいぶあります。

今のところグランΣだけでも70%といったところでしょうか?「もう、すぐにでも発売するんじゃないか!?」等々、慌てないように。これからグランディーバにかからなければいけませんし、エクスカイザーの生産との絡みもありますのでこのペースだとゴッドΣグラヴィオンの発売は秋にずれ込みますねー。

着実に進んではいるのでどうか、気長に待ってやって下さい。  

by 高島

1 / 212

© STUDIO HALFEYE