2008 年 10 月 23 日

武龍神ヴィシュマ 081023

高島 肇 — Filed under: 武龍神ヴィシュマ @ 12:44 PM

現在、雑誌撮影に向けて『完全変形ダンガイオー』の準備中であります。
まだ発表していない、諸々のダンガイオーの秘密機能等の部分の作業が残っているため、次の設計の仕事には入れません。
来月以降からになりそうです。

さて、画像の方は複製が揃ってきた『武龍神ヴィシュマ』の蛇腹パーツです。
これからテグスを通して、伸縮具合の実験を行います。
どうなりますかねー?

今回は 以上!

by 高島

2008 年 10 月 16 日

武龍神ヴィシュマ 081016

高島 肇 — Filed under: 武龍神ヴィシュマ @ 3:43 PM

先週いったん部品を磨き上げましたが、物足りない感じがしたので、ちょっとずつディテールを追加しました。
キリがなくなっちゃうので、とりあえずここで止めます。
今度はこれの複製をとって、つなげてみる実験をします。

今回は 以上!

by 高島

2008 年 10 月 9 日

武龍神ヴィシュマ 081009

高島 肇 — Filed under: 武龍神ヴィシュマ @ 4:00 PM

いまは、軽く休みなどをとりながら、次の設計の準備を始めています。

弊社オリジナル企画「武龍神ヴィシュマ」の作業も再開。とりあえずパーツを磨いたうえで、スジ彫りを入れてみましたが、もうちょっと何か欲しい感じですねー。もう少し手を入れてみようと思います。

今回は 以上!

by 高島

2008 年 9 月 4 日

完全変形ダンガイオー(仮)&武龍神ヴィシュマ 080904

高島 肇 — Filed under: 完全変形ダンガイオー,武龍神ヴィシュマ @ 10:19 PM


©AIC・EMOTION
※こちらの写真に使用の製作中原型は監修前のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

『完全変形ダンガイオー(仮)』の顔面を作りました。
もともとの設定が非常に複雑になっているため、再現するのは一苦労です。
試行錯誤を繰り返しているところで本体部品が上がって来たため、頭部の製作はここで一旦中断。
全体を組み上げてから、また挑戦します。

さて、ウチのオリジナル作品『武龍神ヴィシュマ』の部品の方は、前回と何も変わっていないように見えますが、あれから何回かの磨きをおこなっています。
これをいくつも複製して繋げ、蛇腹状にします。
同じ部品を複数使うため、できるだけ現段階で磨いているわけですが、実際、蛇腹状の部品は繋げてみるまで出来、不出来が判りません。
ダメだった場合は、今の一連の作業は全部ムダになってしまいます。

ウウウ、恐いですね~。

by 高島

2008 年 8 月 28 日

完全変形ダンガイオー(仮)&武龍神ヴィシュマ 080828

高島 肇 — Filed under: 完全変形ダンガイオー,武龍神ヴィシュマ @ 9:58 PM


©AIC・EMOTION
※こちらの写真に使用の製作中原型は監修前のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

『完全変形ダンガイオー(仮)』の設計終了!
長い闘いでした。

現在はちょっと休みも交えつつ、手作業への移行を始めています。
画像の部品は頭部のトサカパーツ。
コックピットから続く機体中央部からパカッとはずれて、トサカになります。
・・・というのはあくまで設定上の変形で、これを立体で再現するのはホントに大変です。
移動する構造を維持するための部品の厚みが、必ず必要になります。
こういう、パネル状のものが移動するギミックというのがとても大変なのです。

で、どういう構造にしたかというと、1mmの真鍮ピンをブッ刺して、これがレールを使って移動します。
思いっきり作業途中のものですが、分かると思います。

今度は、このユニットまるごとが頭部の上を前後にスライド移動するギミックを追加予定。
うまくいくと良いですねー。

さて、もう一つの方はウチのオリジナルキャラクター『武龍神ヴィシュマ』の背面ユニットの蛇腹パーツの一部です。

設計明けの休みを利用して久しぶりに作ってみました。
いやー、楽しいですね。このまま本業と並行で続けて行こうと思います。

何しろこれを作ったのは、15年前(!)なので、今とは全く構造に関する考え方が違います。
今思えば、良くもまあ、当時あの程度の技術でこんなムチャな構造を思いついたなあと、自分のことながらあきれます。

今回は現在の自分の目で見て、改変(改善ではなく改変!)してみたいところを中心に作業を進めてます。
後々の『ヴィシュマ』シリーズの販売再開も踏まえて、大まじめにやっていこうと思っています。

by 高島

1 / 3123

© STUDIO HALFEYE