2018 年 1 月 18 日

大完全変形超銀河グレンラガン 180117

2018年最初の「超銀河グレンラガン」進行報告です。
いやー、久しぶりですね。
去年の暮れから正月過ぎまで、他作品の現場作業で一杯一杯でしたが、やれる時にチビチビと進めていました。
「ドリルが1回転すればちょっと進む」のグレンラガンの精神そのものです。
設計に割く時間の確保も大変なので、原稿書きの時間を節約するため、設計をしながらPCの音声入力を使って口述筆記なんてのを試しました。
一応、自分が喋れば文章にはなるのですが、それの内容が誤り(というかソラミミ)だらけでひどい状態で、どうにもそれが気になって設計の方に集中できません。
というわけで、本末転倒になってしまうので口述筆記は中止。
後日、録音だけしてそれを原稿化するなんていう方法を試してみようか、とも考えています。

久々の今回はやっと時間が確保できたので従来通りの手書きによる原稿を書いております。
上でも書きましたが、ここしばらくは他作品の組み立て説明書作成と付属アイテムのマント製作オンリーの仕事が続いていました。
マントなんていうのはガレージキットというよりドールのジャンルですよね。いっその事、そっちの方にも進出するか?

さて、設計の方は腕ユニットの残りのパートの拳部分を作っていました。
拳は顔と同じく表情があるので、なかなか大変です。正直苦手だなー。
指や手のひらの細かい造形は後にやるということにして、まずは大雑把な円柱パーツを配置して拳全体のバランスを決めて行きました。
hg_grlg _180117a
こんな感じです。

一通りのバランスが決まったあたりで、指のディテールを作り込んだ指素体を作ります。
hg_grlg _180117c
この素体を先に作った、大雑把な拳の各指の円柱部分と入れ替えて行きます。
指素体は人差し指サイズで作ってあるので、中指と親指は拡大、小指は縮小して入れ替えます。
hg_grlg _180117c2
各関節部には球体を配置して関節っぽくしてあります。

この球体は「回転体」というコマンドを使って作りました。
本番用指の断面サイズに合わせた半円を2Dで描き、これを回転させて球体にしますが、ここでトラブルが。
hg_grlg _180117b2
過去何度も行なっていたこのコマンドがまったく受け付けられず、原因不明の動作拒否状態に陥ってしまいました。
かなり長い時間を要していろいろと調べましたが、原因はまったく不明。
ソフトの破損を疑って再インストールまでしましたが、症状は変わりません。
で、ほぼ諦めていた時にいきなり問題が解決。
回転体を作る際に様々な数値を打ち込むダイアログ画面の通常変更しない場所で、数値がゼロになっているところを適当に別の数字を入れて実行してみたところ、いきなり回転体ができました。

どーも、ダイアログ画面のこの部分に英数字ではなく、カナ数字でゼロを打ち込んだヤツがいたらしく、その数値の状態がダイアログに残っていたらしいですねー。
カナ数字はデータ操作の際には数値として認識されないので、原因はこれでしょう。
「そして、犯人はこの中にいます!」ええー!?
はい、自分です。
多分、夜中に設計している時に寝ぼけてこのダイアログ画面をいじっちゃったんでしょう。で、一見ゼロとなっている数値はカナか英数字かはパッと見じゃわかりませんからねー。
hg_grlg _180117h

というわけで、良い教訓を得ました。
「ソフトがいうことを聞かない時は操作画面の数値を疑え」、いや「寝ぼけた自分が概ね犯人」です。

というようなことで、とりあえずは拳も外形モデリングが完成しました。
hg_grlg _180117dhg_grlg _180117e

実物で雰囲気を見るために、先日導入した出力機を使ってこの拳だけを出力してみました。
hg_grlg _180117fhg_grlg _180117g
おー、いい感じですね。拳は色分けの分割等以外は手を入れないと思うので、これでほぼ完成ですね。

これで、腕パートも完成を見たので、次は外形モデリング最後の難所の頭部に入ります。ここは勢いをつけて一気に終わらせたいですね。

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

2018 年 1 月 5 日

「大完全変形グレンラガン・ギガボックス」 180105

高島 肇 — Filed under: 天元突破グレンラガン,完全変形グレンラガン @ 5:04 PM

明けましておめでとうございます!
2018年、第一回目の製作レポートです。
皆さんは年末・正月は趣味模型とかはやれましたか?
自分は、あれもやりたいこれもやりたい、といろいろありましたが、グッと抑えて仕事のみの作業を行ってました。
優先順位がありますからね。正月休みは改めて、取れるタイミングに取りたいと思います。
購入してから数年越しのスターウォーズのキットとかをその辺で組みたいです。

さて、年末正月は原型などの部品よりもデザイン等の2D関連の仕事が中心でした。
今日の話はそれのうちの一つです。

今回のグレンラガン・シリーズでは新しい通販特典にコクピット関連のパーツが付きます。
かなりゴツいコクピット・シートを再現しましたが、さらにコクピット内装も再現したくなりました。
いや、仕事中に流してたグレンラガンのビデオの影響なんですけどね。
というわけで、前回のギガドリルに添付した特典と同じ仕様で、書き割りっぽいコクピット内装の背景を作ってみました。
劇中の画像を見て、イラストレータで自分が描き起こしました。
gbox_back01
サンプルは業者さんによる印刷で、本製品と同じ仕上がりです。
grlg-n-sp-back2
これを製品本体の後ろに置いて、寄って見るとかなりコクピットっぽいです。
grlg-n-sp-back3
お〜。
さらに周囲にダンボールとかを切って入り口っぽいフレームを切るとさらに本物っぽくなりますね・・・って、危ない危ない。
これぐらいで止めておかないとキリがないです。
ということで、自分の気まぐれで特典が勝手に豪華になりました。

今年は、こんな調子でグレンラガンを中心に暴走気味の仕事になりますので、
どうぞお楽しみに。

今回は以上!

by 高島

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

2017 年 10 月 26 日

完全変形グレンラガン 171026

高島 肇 — Filed under: 天元突破グレンラガン,完全変形グレンラガン @ 1:49 PM

今回も前回より続いているグレンラガン・シリーズの通販特典の話です。

CADによる設計は一気に終わらせたので、次は出力です。
ここで、先日うちに導入した3Dプリンター「form2」の出番です。
次の新作の「超銀河グレンラガン」の時に使うつもりで導入しました。
いきなり本番で使いこなせるとは限らないので、早めに入れて色々テストを繰り返していました。
今回もちょうど良い練習になります。
今まで細かいものを出していましたが、今度のは思いっきりの大物です。何しろグレンラガンが座れるサイズですからね、

1回ではとても出力しきれるものではないので、2度に分けて出力します。
スクリーンショット 2017-10-26 12.09.54
これは「form2」の操作画面の画像です。
部品の下のジェットコースターの構造部分の様なイガイガが出力部品を支えるサポートというものです。
操作は恐ろしく簡単で、部品の位置及び角度を設定した後、指示を行うと部品を支えるサポートも自動で作ってくれるので非常に便利です。
出力に関しては全くの素人レベルの自分でも機械が到着したその日から操作を行えたので驚きです。
もっとも、2度目で調子に乗って出力した際はサポートを付け忘れ、部品生成用タンク内をグチャグチャにしました。
素人は怖いですね。

hg_grlg-_171008b
これが出力が終わった部品です。
ものがデカイので、1グループで大体25時間ほどかかっています。
きめの細かさ、いわゆるピッチは最小のサイズになっているため、これだけかかります。
表面は非常に滑らかに仕上がっています。
今まで使っていた業者さんによる出力部品はもっと表面が粗く、研磨の際はまず粗研ぎをした後に仕上げと何度も研磨を繰り返さなければいけない状態でした。
現在準備中の別作品の原型もこれでとんでもなく時間がかかってしまいました。
今回の部品はいきなり仕上げ研磨で済むレベルで、これにより作業時間の大幅な短縮が期待できます。

出力が終わったあと、サポートを取り除きます。
これがなかなか根気がいります。点状に部品と繋がっている部分をほんの僅かに切り口を残してニッパーで、一つずつ切り取って行きます。
プラモデルのランナーがびっしり並んでいる様なものですね。
部品が大きいためこれの量が半端ではなく、なかなか来ました。
その後、切り口をナイフで綺麗に切り落とし、研磨をかけます。

今回はこのサポートの除去作業をしたのみで、そのまま塗装を行いました。
hg_grlg-_171008c
hg_grlg-_171008e
本番での成形前には仕上げの研磨を行いますが、急ぎで掲載する紹介画像用にはこれで十分な状態です。
ぱっと見ではわからないレベルの仕上がりですね。
hg_grlg-_171008d
グレンラガン本体とのバランスもちょうど良い感じです。

いやー、いい機械が来てくれました。こういう卓上機が出るのにはもうしばらく時間がかかると思っていましたが、世の中の動きは本当に早いものです。
本番の「超銀河〜」の部品出力までに操作を完全に習得しておきたいと思います。

今回は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2017 年 10 月 14 日

完全変形グレンラガン 171011

高島 肇 — Filed under: 天元突破グレンラガン,完全変形グレンラガン @ 5:25 PM

今回も引き続きグレンラガンの再販及びギガボックスセットの通販特典の話です。
前回で外形が完成したので、今回はパーツ分割などをするための内部構造の造形です。
完成まで一気に行きます。今回は長いですよー。
このコンソールシートはかなり大きな部品のため、中空構造で左右に分割した作りにします。順番に行きましょう。

まず履歴に潜って、基本形のソリッドを持って来ます。
前回のスジ彫パーツを作った時と同じ要領で、これを使って本体より中空の際の肉厚分のシェルを作ります。
grlg_n_parts171011a
このシェルで最初に持って来た本体素体を削ると肉厚の2ミリ分小さくなった削り込みブロックができます。これで本体を削りこんで行きます。
なぜこんな回りくどいやり方をするかというと、これから左右分割の際に加えるかみ合わせのためのダボ穴等を加えたりするのに都合が良いためです。
また、部員の成形方向に合わせたに肉厚の設定が必要になるため、
面倒ですが細かく各要素に合わせて、削り込みブロックを作っています。

コンソール部分も同じく肉厚分小さい削り込みブロックを作ります。これを上の本体ブロックと噛み合わせます。
grlg_n_parts171011b
次に、本体の凹み部分に対応した削り込みブロックを作ります。
素体の凹みを作っていた削り込みパーツを肉厚分大きくしたブロックを作ります。
手順は本体削り込みブロックの逆です。削り込みパーツのシェルを内側ではなく外側に作り、素体の削り込みパーツと噛み合わせます。
コンソール部コアドリル差込口は本来円錐ですが、左右分割した成型時には円錐のカーブはオーバーハングになるため。断面の三角形を使った三角柱で削り込みパーツを作ります。
グレンラガンの後ろアーマーが入る部分も同じく図形を描いて削り込みパーツを作ります。
grlg_n_parts171011c
これらを使って、先に作った本体削り込みブロックを削ります。
grlg_n_parts171011d
これで中空構造を作るための削り込みブロックが出来ました。
grlg_n_parts171011e
次に、内部の補強のリブと噛み合わせ用ダボの柱を作ります。
任意の位置にリブとダボ柱の図形を描いて奥行きを与えます。
grlg_n_parts171011f
これを本体削り込みブロックの履歴に入り、削り込み要素に加えておきます。

次は左右分割です。真ん中から割れるよう大きいブロックを作ります。
接合部での噛み合わせを作りたいので、断面外周より肉厚分小さくなった断面図を描き、奥行きを与えます。
これで左右分割用ブロックを削ります。

ダボ柱も高さを合わせてブロック履歴の削り要素に加えます。
grlg_n_parts171011g
ダボ柱より一回り小さいダボを加えます。任意の高さにして、左右分割用ブロックに噛み合わせます。
grlg_n_parts171011h
左右分割用ブロックはこれで完成。本体を削ってみましょう。
grlg_n_parts171011i
反対側のパーツは、一旦上の削り込みを解除して、左右分割用ブロックで削り込むのではなく、重なった部分を残すコマンドを実行します。
grlg_n_parts171011j
この際に履歴にもぐり、ダボ穴のサイズや左右接合部の寸法を反対側のものと隙間が空くように変更しておきます。
これで両側が完成。
grlg_n_parts171011k
次が最後の加工です。今回の特典はグレンラガン単体とフルセットの2種類のため、コンソール部とシート部に分割した構造にします。
まず本体前後を分割するブロックを作成して本体を削り取り。
grlg_n_parts171011l
grlg_n_parts171011l2
上の左右分割と同じく部品をコピー後、削りを解除して重なりを残すコマンドで反対側を製作します。

最後に前後を噛み合わせるためのレールとこれの受けになるパーツを作ります。
まず図形を2Dで描き、奥行きを与えます。
grlg_n_parts171011n
これを4分割された各パーツの履歴に潜り、配置します。

これで各パーツの形状は完成です。
grlg_n_parts171011p

3Dプリンターも導入しましたから、早速出力したいと思います。

今回は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

2017 年 10 月 5 日

完全変形グレンラガン 170929

高島 肇 — Filed under: 天元突破グレンラガン,完全変形グレンラガン @ 4:15 PM

今回は超銀河の方はお休みにして、久々にグレンラガンの部品について。

グレンラガンの再販及びギガボックスセットの販売にあたり、新要素として当社通販特典を新規に製作します。
何が良いか相当考え込みました。
今回はグレンラガンが乗り込むアークグレンラガンのコクピットのシート件コンソールが良いのではないかと。
「コアドリル!スピンオン!!」
のシーンがビデオを見直した時にすごくカッコ良かったものですから。

全体として大きなものになりますので、グレンラガン単体ではコンソール部分と手首用コアドリル、ギガボックスセットではシート部分込みの全体、というような分け方にしようかと思っています。

さて、早速CADで製作にかかります。
今回はそれほど難しい形ではないのでサクッと作ります。
とりあえず形を作ってみて、その後グレンラガン本体に合わせて調整したいと思います。
3Dプリンターが入りましたからね、その辺は気軽にやれます。

手順は前回までの超銀河グレンと同じやり方ですね。
まず横位置でのシルエットを2Dで描き、断面も描きます。
grlg_n_parts170929a
断面をNURBS化し、これを配置後ソリッド化します。
grlg_n_parts170929b
同じように背もたれの部品を作ります。
grlg_n_parts170929c
シートのカーブ部分・背もたれ・シート基礎部分をかみ合わせます。
grlg_n_parts170929d
少し厚みがオーバーしている感じなので調整。
その後、コンソールと背もたれ横パーツを作って噛み合わせます。
grlg_n_parts170929e
各部のスジ彫りなどの削り込みソリッドを作ります。
シート正面・コンソールなどのカーブがある部分はシート履歴に潜って素体データを持ってきて、シェル化して削り込みパーツを作ります。超銀河グレンの時と同じ要領ですね。
grlg_n_parts170929f1
grlg_n_parts170929f2
シート本体をこれらで削り、ディテール出来上がり。
grlg_n_parts170929f3

とりあえずこれでコンソールシートの外観素体は出来上がりです。
grlg_n_parts170929ggrlg_n_parts170929h
この後、コアドリルとコンソールシートの構造部の加工に入ります。

今回は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

1 / 1412345...10...最後 »

© STUDIO HALFEYE