最小変形マトイテッカー(仮)200907

マトイ形態の傘状の本体から降りてくる下半身の移動アームが完成。
一旦できたんですが、ヒンジが大きくはみ出して見栄えが良くないのでやりなおしました。背骨アームMk.2と命名。
丁度元デザインでヒンジっぽいディテールがあるので、これを利用できるように細かく調整。なかなか面倒だった。背骨アームには腰のいわゆるフンドシパーツも接続されてて、下半身周りは全部このアームで降りてくる構造です。
これで、一番しんどいと思われる部分は克服できたと思うのですが、どうでしょう?
prm_200906a

次は腕関係の構造の検討に入りました。足をいろいろいじったせいでマトイ形態時の腕関係の空間が無くなっちゃってるのが発覚。色々調整してなんとか解決の方向に。
今はまたメモに落書きして腕ギミックの検討中。画像はここ最近の落書きの数々です。
IMG_0932

今回は以上!

by 高島

(C)TRIGGER・中島かずき/XFLAG

カテゴリー: プロメア, 最小変形マトイテッカー   パーマリンク

コメントは受け付けていません。