作業進行報告191030(大完全変形超銀河グレンラガン)

前回からほぼ1月ぶりでの更新です。
超銀河グレンラガンの1次試作は前回ブログの後に公開を行えまして、おかげさまでかなりの反響をいただきました。
来年中の生産予定ワクのお申し込みはすでにいっぱいになったため、一旦受注の受付は終了しております。
来年、年が明けたあたりでまた、第2次の受注の予定を立てて受付を開始しようと思っております。
その頃には部品の色分割などの改修作業は全て終え、塗装を施して撮影したものを公開したいですね。

さて、現在は上で書いた一旦完成した超銀河グレンラガンの改修作業を行なっています。
基本的に色は全て着色成形で表現するため、色別に部品を分割する必要があります。
今の所は各部品の単位は可動部別で別れています。これらをさらに分割するわけです。
なかなかこれが厄介で、塗装の場合は気にしなくていいような、分割後の強度の問題や、成形次の抜き方向を考慮に入れて作業します。

前回撮影時に諸々発生した、変形の際の部品移動時の細かい干渉や部品が外れる、というようなところも同時に改善する作業を行なっていますが、ここでまた少々問題が。
設計用の CAD画面よりも実際の部品で移動などで問題が出ている箇所を確認するのが、一番手っ取り早いのですが、現在は部品は全てバラバラの状態です。先日の受注案内用に価格を見積もるためには、部品を成形の型の形に配置してみないといけません。
当然、そのためには分解をしなければいけないのですが、これをまた組み立てるのが中々しんどい。丸1日かかります
(キット版でご注文いただいたお客様は覚悟してください、ハハハ)。
hg-grlg191030画像は一番厄介だった艦尾のパーツ群です。底とノズル部分が色分けをする必要がありました。ちょうど出力が終わってサポート切り離したばかりのところですね。
現在は艦隊側壁に作業を移しています。

いじらなければいけない箇所はまだまだあります。これらが終わって出力したものに塗装を行い、作品の紹介ページの画像は撮影が終了次第、入れ替える予定です。

すでにご予約いただいた方もまだの方も、完成にはまだ時間がかかりますので、これらの画像をご覧になって楽しみにしていただければ幸いです。

今回は以上!

by 高島

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 大完全変形超銀河グレンラガン, 天元突破グレンラガン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。