作業進行報告190513(完全変形超銀河グレンラガン)

前回からだいぶ間が空いてしまいましたが、超銀河グレンラガンの進行報告です。

脚部パートを進行中です。胴体製作時に一旦は股関節は完成しましたが、その後の脚部の付く位置次第で大腿部と一緒に構造を変えていかないといけなくなりそうなので、とりあえず保留にしました。
現在はひざ関節から下の作業を行なっています。
少々ネタバレになってしまいますが、戦艦形態の第2船体(ドリルポッド)はこの脚部の1部になります。
これの位置やら変形がかなりややこしいことになりそうなので、ここから始めることにしました。

とりあえず、後ろ半分のユニットの構造が決まりましたが、同じ場所に複数のギミックが集中しているため、頭がこんがらがりました。やはり、ややこしいことになりましたね。
CADの空間内と脳内では成立しているようですが、いまひとつ自信がないので、立体物として構造に問題がないか確かめるために、3Dプリンターで出力してみることにしました。
案の定、1回目の出力では各部品のめり込みや動作時の干渉などがいくつも出てきました。設計中は気をつけているつもりなんですけどねー。
これを元に修正・再出力を繰り返して最適の形が出ました。
hg-grlg190513e
ガンメン時はこういう形になります。
hg-grlg190513c

ちなみに今回の出力はform2のグレーレジンを使用。以前使用していたブラックよりも精度は上がっている感じですが、いまひとつ誤差がまだ大きく出る印象です。
最後の再出力で、グレイプロという新素材に切り替えたところ、前の素材に比べると格段に良くなりました。強度が上がったうえ誤差も減り、かなりかっちり出る感じです。
かなり好印象なので、今後はこれがメインの素材になる見通し。
で、せっかくなので既に設計が完了している頭部をこの素材で出力してみることにしました。
hg-grlg190513a
頭部のデザインは以前発売した「The head」シリーズのものと同じです。ただし、サイズはだいぶ小さくなります。
比較するとこんな感じ。
hg-grlg190513d
隣の一円硬貨でもサイズがわかりますね。
hg-grlg190513b
このサイズでもスムースに組み込んでいけたので、かなり精度が上がっているのがわかります。
超銀河の部品出力の本番前にこの素材が出てくれて大助かりです。

次は第2船体前半部の設計です。ここもなかなか厄介で、早くも悩んでます。
いいアイディアが出るといいんですけどね〜。

今回は以上!

by 高島

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 大完全変形超銀河グレンラガン, 天元突破グレンラガン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。