作業進行報告181119(その2 最小変形ゲッターロボver.2014編)

さて、久しぶりの開発報告のその2は現在整形の準備に入っております「最小ゲッターver.2014」シリーズです。

現在、今回の新要素になる通販特典「ゲッター炉心ディスプレイ」の作業を進めています。
これの構造は、先日始まった当社新規格「The head」シリーズと同じもので、内部にボタン電池とLEDが内蔵されており、スイッチの台座をひねると台座部分と本体の炉心が発光します。
炉心部分はゲッター線が漏れ出てくる危ない雰囲気を出すため、炉心外郭の角にスリットを設け、ここから光が漏れ出て来ます。
hd_gsp _181112c
現在は各出力部品の仕上げ作業を進行中。発光部品だけ先に型埋めを行い、クリアレジンで再成形します。
ちなみにゲッター線というのは何色でしょうかね?
前回のゲッター1の特典のゲッタービームエフェクトのクリアパーツは不思議っぽい色がいいんじゃないかと思い、紫色にしました。
今回はゲッター炉心のヤバい感じを出したいので、赤がいいのではないかと思っています。どうでしょうか?色々試してみるのはアリですね。

今回は以上!(その3に続きます)

by 高島

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: ゲッターロボ, 最小変形ゲッター1ver.2014, 最小変形ゲッター2ver.2014, 最小変形ゲッター3ver.2014   パーマリンク

コメントは受け付けていません。