大完全変形超銀河グレンラガン180923

みなさまご無沙汰しております。前回で当ブログ原稿を書いていた時は強烈な残暑でヒーヒー言っておりましたが、あっという間に涼しくなりましたね。
そろそろ、観光やらなんやら外に出たい季節になってきましたが、相変わらず設計でみっちり引きこもっております。

現在は肩のギガドリルが完成し、ここに繋がる腕部にこれから取り掛かるところです。日々の設計仕事では成功と挫折の山と谷が繰り返し来ていますが、トータルで見ると集中力も高まりガシガシ進んでいます。
いつもこのテンションで設計をやっていればもっと早いペースで作れるだろうに、とか思います。
とはいえ、こういう状態の時って、脳がカッと熱くなっていて焼けるような気分になってるんですよね。これをズ〜っと続けていると焼け切れちゃったりするかもしれません。
脳も機械も冷却期間は必要ですよ、多分。

さて、ギガドリルはガンメン時形態から艦体内収納時形態への変形機構が完成しました。
艦体への収納も予定通りの形態になったので、おそらくできるでしょう。おそらく!
で、今回は現実に機構が動作するかテストのため、3Dプリンターで出力して組み立ててみました。
hg_grlg180923
本番の原型用の出力ではないので、サポート除去は手もぎ。
出力部品を持って、勢いよく捻ってボリボリボリっ!ともぎ取りました。
本来はこのサポート取りは繊細に切り取っていくものなんですが、この辺の作業の経験者が見ると血も凍るような所業ですね。

組み立ての方は割とサクサク進みましたが、やはりあちこちで部品の移動の際にひっかかったりする箇所があり、色々と作業のし忘れがありました。やはり本物の立体物じゃないとわからないものです。
収納時形態も問題なくとれました。こっちの形態は今の所は秘密です。

とりあえず、肩・腕まわりの最大の難所は終わりました。腕の変形機構はそれほど大変なものではないので、すぐに終わるでしょう。ホントか?・・・うーん、多分。

このまま一気に進めます!・・・うーん、多分。

今回は以上!

by 高島

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 大完全変形超銀河グレンラガン, 天元突破グレンラガン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。