大完全変形超銀河グレンラガン180901

みなさまご無沙汰しております。お元気でしょうか?相変わらず暑いですねー。

おかげさまで、現在は「大完全変形超銀河グレンラガン」のギミック設計にかなり集中できております。成形の方も同時にみっちりこなしております。ここ半年以上、遅れに遅れていた生産スケジュールも今月末でやっと追いつきそうです。
現在、お待ちいただいているお客様にはもうしばらくのご辛抱をいただけますようお願いいたします。

で、設計に集中できてるはずなのになんで書き物をしているのかというと、台風がまた近づいてるでしょう?気圧が下がってきて、今日は頭が重くって仕方がないんですよねー。集中できてないじゃん。・・・はい。今日はペースはあんまり上がらないかもしれません。

さて、経過報告です。現在は胴体の前後、腰アーマー及び頭部の収納ができるようになり、ひとつながりになっている肩・腕・ギガドリルの変形及び収納ギミックに取り掛かっています。胴体パートが一番大変なので、ここが終われば後は早い・・・はずです。
早速昨日からドリルパートに入っていますが、これの移動は当設計作業冒頭の6月頃に終わらせています。
で、チェックをしてみたところ、まー思いっきり大きな勘違いをしていて、狙った定位置に行かないことが判明。
あー、もう何やってんだよー!
このギミック自体も何日もかけてウンウン悩んで作業したのを憶えてますが、もう別人なんじゃないかと思えるほど、ほんと要領が悪いんですよねー。

ブーブー文句を言いながら、座標の再設定アンド加工を行いまして、修正作業完了。サクサク行きました。
これからドリルパート設計の本番に入ります。いや〜もう、大変そうです。艦体に2本分のギガドリルなんて入んのか?・・・ねじ込んだるわー!

今回は以上!

by 高島

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

カテゴリー: 大完全変形超銀河グレンラガン, 天元突破グレンラガン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。