大完全変形 超銀河グレンラガン180719

現在、「完全変形超銀河グレンラガン」の設計と「The head」シリーズの仕上げ作業を同時進行で進めています。

「The head」は間に合うようであれば、今月末に開催されるワンダーフェスティバル会場内の当社卓にてキット版を少量のみにて販売する予定です。
現在、諸々非常にタイトなスケジュールで進行しておりますので、場合によっては生産が間に合わず見本展示のみ、という状況になるかもしれませんので、予めご了承ください。
ビカーッとかっこよく光りますので、展示品を見てその辺を喜んでいただければ何よりです。

さて、久し振りとなりましたが、「大完全変形超銀河グレンラガン」設計の経過報告です。先日、股関節とそれの移動モジュールが出来上がりました。種明かしになってしまうので詳細は省きますが、艦体の伸縮モジュールとこの股関節の必要な空間がもろかぶりしまして、これの条件を満たす方法を見つけるのに、かなり日数を要してしまいました。
また、この部分を解決した直後に先に作った伸縮モジュールをやりなさないといけない状況になってしまいました。ガーン!
半月分の作業がパーですよ。これは中々きました。
ただ、その辺を惜しがることなく、再度新しい構造で再構築しまして、3日で終わらせました。
すでに1回構築した部分なのに加えて、15日分の努力の結果がボツになった悔しさが起爆剤になり、一気に終わらせることができました。
人にボツにされるとそのフラストレーションはその人に向けてしまいがちですが、自分でボツにした場合は再度挑戦する際の燃料になります。
結構この方法は使えるというか、災い転じて良い結果を出せたりします。
「今までこれだけ時間がかかったんだから」と過去の努力を大事に抱え込むのはやめましょう。
そんなもんは燃やしちまえ!
とてもいい燃料になって、さらに自分を上に押し上げてくれます。

現在はまた、動作確認用に縮小したサンプルを3Dプリンターで出力しているところです。
組み上がった新サンプルはまた次回以降に画像で紹介したいと思います。

今回は以上!

by 高島

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

カテゴリー: 大完全変形超銀河グレンラガン, 天元突破グレンラガン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。