大完全変形超銀河グレンラガン180615

やっと周辺の状況が設計に集中できるようになり、本格的に設計を再開しました。
設計の時間の確保が最優先の生活を送っております。

現在は変形等の動作に関わる内部構造をCADってます。
今回は「超銀河〜」の戦艦形態の内部への、ガンメン時のギガドリルをはじめとする各パートの収納位置を、とにかく納められるような場所にねじ込んで移動方法は後から考える、というやり方になります。
そもそも収納自体に無理があるわけで、のっけから頭が過負荷で爆発しそうになりながら、あーでもない、こーでもない、と試行錯誤を繰り返して収納位置を決めていきました。
ある程度の位置や移動方法は以前からイメージしていましたが、具体的な作業に入ると・・・こりゃー大変だわ。
どこに何が入るのかは今の所は秘密です。

とりあえずは各部の配置が決まったので、今は移動方法とこれに関わる部品の形を決めていく作業に入っています。
で、まず1番最初に艦体の伸縮方法を決めねばなりません。
何しろガンメン時は艦首と艦尾が前後くっついて上半身になってますので、お互いすごい距離を移動しています。
この艦体伸縮モジュールをメインフレームとし、他のパートの移動モジュールはこれに付随させて増やしていきます。

艦体の底部の赤い部分をこの移動メインフレームとして使います。
詳細は長くなっちゃいますので省きますが、これをたたみ込んで伸縮させていこうと思います。
収納キャパ等で最適と思われる分割数や重ね具合を検討し、これに合わせて移動方法及びヒンジのポイントを決めていきました。
上で書いた、ガンメンの各パートも内蔵されるので、これらに干渉しないようにするのも要素として必要です。

で、諸条件を満たす形で艦底部の加工を行いました。
外形データは完成しているので、これを削りこんでいく感覚ですかね。
今回、設計の仕事に戻るのに相当ブランクがあったので、この艦底部の加工が終わったあたりで、部品の出力をする事にしました。
勘が戻っているか現物で確かめたいのと、ブツが手元にあると今後の作業のイメージがしやすくなるのでは、と思ったためです。
レジンの節約のため、サイズを70%に縮小して出力を行いました。
3Dプリンターを所有していると、こういう風にヒョイっと、部品を作れちゃうのが良いところですね。

出力後、早速部品を組み立ててみました。サポート除去なんかも今回は本番の部品ではないので、遠慮なくバリバリもいじゃいました。
hg-grlg180613a
戦艦形態はこの状態です。
hg-grlg180613b
中間部が分かれて・・・。
hg-grlg180613c
ガンメン時にはこういう風に畳み込まれます。

まずはギミックは良好ですね。
ただ、これは現時点の部品の状態なので、今後の作業が進むにつれてどんどん加工されていき、形状も変わっていきます。
場合によっては、まるまる廃止なんてことも可能性としてあります。あくまで今だけの形なので、資料としては貴重かもしれません。

初回の試し出力で手応えがあったので、弾みがつきました。
この勢いをつけて進めていきたいと思います。

今回は以上!

by 高島

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 大完全変形超銀河グレンラガン, 天元突破グレンラガン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。