「The head 超銀河グレンラガン(仮)」180411

現在はひたすら成形作業をメインに日々邁進しております。
もう少しで日々の仕事のローテーションに、集中して設計できるリズムを得られそうな感じになって来ました。
それまでは合間合間を見つけてはヘッドディスプレイの電源部の作業をチョコチョコと進めています。
これからのメインの設計の「超銀河グレンラガン」に入るための助走的な役割もあります。

色々な電極の接触の仕方をするプロトタイプをCADっては出力、気に入らなければさらにCADっては出力、と繰り返しまして、気がつけばこんな数の没モデルが溜まりました。

hd_hg_grlg100408b
うーん、結構変形ギミック並みに難しいかも。
とりあえず接触方法などの大まかな構造は決まりました。あとは金具ね。

この金具によって部品の形状も変わります。できれば既製品で良いのがあると組み立ても楽でいいですね。
先日、材料調達に秋葉原に行き、その際にスイッチに使えるような電極の金具がないものかと色々と探し回りましたが、どこも電池ボックス丸々一体型のような規格品ばかりで収穫はありませんでした。
最終的には電極も自前でなんとかする、という仕様に決定。
いつも組み立てに使っているワッシャーを金具として使う仕様で設計しました。
まあ、ワッシャーも既製品といえば既製品ですね。たっぷりあるので、これはこれで良いのではないかと。

で、決定した金具に合わせた形で出力を行い、電源ユニットを組み立てました。
当初の計画通り、中央のスイッチを挟んで上・下に1個ずつLEDが点灯するようになっています。
本来ユニットの外側の部品のねじ込みによる端子圧着電気が通る構造ですが、なんとかうまくバランスをとって接触させれば通電してLEDが点ります。こんな感じです。
hd_hg_grlg100408a
うまく点きましたね。いや〜予想以上に長くかかりました。

これで基本構造は本決まりです。今後、他のキャラで作る場合もこれを中心にした作りになっていきます。
まずは外側パーツが出来上がっている「超銀河グレンラガン」を完成させ、次はグレンラガンにかかります。
実際の下部のユニットはクリアーレジン製で光が通る作りなので、これのリキャストが次の作業となります。早く完成したところが見たいですね〜。

今回は以上!

by 高島

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 天元突破グレンラガン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。