大完全変形超銀河グレンラガン 180117

2018年最初の「超銀河グレンラガン」進行報告です。
いやー、久しぶりですね。
去年の暮れから正月過ぎまで、他作品の現場作業で一杯一杯でしたが、やれる時にチビチビと進めていました。
「ドリルが1回転すればちょっと進む」のグレンラガンの精神そのものです。
設計に割く時間の確保も大変なので、原稿書きの時間を節約するため、設計をしながらPCの音声入力を使って口述筆記なんてのを試しました。
一応、自分が喋れば文章にはなるのですが、それの内容が誤り(というかソラミミ)だらけでひどい状態で、どうにもそれが気になって設計の方に集中できません。
というわけで、本末転倒になってしまうので口述筆記は中止。
後日、録音だけしてそれを原稿化するなんていう方法を試してみようか、とも考えています。

久々の今回はやっと時間が確保できたので従来通りの手書きによる原稿を書いております。
上でも書きましたが、ここしばらくは他作品の組み立て説明書作成と付属アイテムのマント製作オンリーの仕事が続いていました。
マントなんていうのはガレージキットというよりドールのジャンルですよね。いっその事、そっちの方にも進出するか?

さて、設計の方は腕ユニットの残りのパートの拳部分を作っていました。
拳は顔と同じく表情があるので、なかなか大変です。正直苦手だなー。
指や手のひらの細かい造形は後にやるということにして、まずは大雑把な円柱パーツを配置して拳全体のバランスを決めて行きました。
hg_grlg _180117a
こんな感じです。

一通りのバランスが決まったあたりで、指のディテールを作り込んだ指素体を作ります。
hg_grlg _180117c
この素体を先に作った、大雑把な拳の各指の円柱部分と入れ替えて行きます。
指素体は人差し指サイズで作ってあるので、中指と親指は拡大、小指は縮小して入れ替えます。
hg_grlg _180117c2
各関節部には球体を配置して関節っぽくしてあります。

この球体は「回転体」というコマンドを使って作りました。
本番用指の断面サイズに合わせた半円を2Dで描き、これを回転させて球体にしますが、ここでトラブルが。
hg_grlg _180117b2
過去何度も行なっていたこのコマンドがまったく受け付けられず、原因不明の動作拒否状態に陥ってしまいました。
かなり長い時間を要していろいろと調べましたが、原因はまったく不明。
ソフトの破損を疑って再インストールまでしましたが、症状は変わりません。
で、ほぼ諦めていた時にいきなり問題が解決。
回転体を作る際に様々な数値を打ち込むダイアログ画面の通常変更しない場所で、数値がゼロになっているところを適当に別の数字を入れて実行してみたところ、いきなり回転体ができました。

どーも、ダイアログ画面のこの部分に英数字ではなく、カナ数字でゼロを打ち込んだヤツがいたらしく、その数値の状態がダイアログに残っていたらしいですねー。
カナ数字はデータ操作の際には数値として認識されないので、原因はこれでしょう。
「そして、犯人はこの中にいます!」ええー!?
はい、自分です。
多分、夜中に設計している時に寝ぼけてこのダイアログ画面をいじっちゃったんでしょう。で、一見ゼロとなっている数値はカナか英数字かはパッと見じゃわかりませんからねー。
hg_grlg _180117h

というわけで、良い教訓を得ました。
「ソフトがいうことを聞かない時は操作画面の数値を疑え」、いや「寝ぼけた自分が概ね犯人」です。

というようなことで、とりあえずは拳も外形モデリングが完成しました。
hg_grlg _180117dhg_grlg _180117e

実物で雰囲気を見るために、先日導入した出力機を使ってこの拳だけを出力してみました。
hg_grlg _180117fhg_grlg _180117g
おー、いい感じですね。拳は色分けの分割等以外は手を入れないと思うので、これでほぼ完成ですね。

これで、腕パートも完成を見たので、次は外形モデリング最後の難所の頭部に入ります。ここは勢いをつけて一気に終わらせたいですね。

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 大完全変形超銀河グレンラガン, 天元突破グレンラガン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。