2017 年 11 月 17 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 171117

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 4:38 PM

ただでさえバタバタしているところに、どういうわけか外出しなければいけない用件が今月は集中しており、作業時間の確保に苦労しています。
こういうところは1人で加工作業をやっている辛さですね。

さて、今回もエスカフローネの方のレポートです。
肩の宝石(エナジスト)パーツの新しい原型は出力・研磨及び新しい型の製作作業が完了し、これからテスト成形にはいるところです。
比較検討するのにもうちょっと時間がかかるため、こっちのレポートはまた次回に行います。

今回はマントの話にします。
以前に試作を何度かレポートしましたので、ご存知の方もいるかと思いますが、今度の「エスカフローネ・リバイバル」ではマントの中に金属線を封入して、形状の変化と固定を両立した作りになっています。
試作製作は成功していますが、試作モデルでは金属線の封入・裁断及びマントの端の飾りパーツの取り付けを行うのにとても時間がかかりました。

この一連の作業を効率よくやれるようにするための治具、というか特製のアイロン台を自作しました。
密着時に金属線を定位置にセットしやすくするためのミゾを作ることにしました。
金属線の厚みはミゾに逃げるので布同士の密着度を上げる効果もあります。

esca171105b
これが製作時の画像ね。
糸ノコでミゾの形を切り抜いた薄い板をベースの板に木工ボンドで接着、クランプで固定してまる一晩放置。
esca171113a
出来上がった状態です。
各ミゾの末端に頭を切ったネジ釘が打ち込まれています。
金属線はこれに巻きつけて固定します。

上に書いた手順をこのアイロン台の上で行います。
esca171113b
これが密着完了時の状態。

これから今度はマントと帯の形に切り抜きます。
これも専用の切断ガイドの治具を作りました。
全部、見せちゃうのもなんなので、これの画像は省略。
esca171113c
これが仕上がった製品版仕様のマント第1号です。
構造は同じなので、見た目は前回と変わりませんが、作業時間は半分になりました。
とはいえ、一連の作業を完了するのに3時間ほどかかってしまっています。
まだかなり要領が悪くモタモタしてますので、もっと手早くやれるようにする必要があります。
これは自分の作業の熟練が必要になります。
何枚も作らないといけない、ということでなかなかね・・・大変です。

今回は以上!

by 高島

©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

© STUDIO HALFEYE