2017 年 10 月 14 日

完全変形グレンラガン 171011

高島 肇 — Filed under: 天元突破グレンラガン,完全変形グレンラガン @ 5:25 PM

今回も引き続きグレンラガンの再販及びギガボックスセットの通販特典の話です。
前回で外形が完成したので、今回はパーツ分割などをするための内部構造の造形です。
完成まで一気に行きます。今回は長いですよー。
このコンソールシートはかなり大きな部品のため、中空構造で左右に分割した作りにします。順番に行きましょう。

まず履歴に潜って、基本形のソリッドを持って来ます。
前回のスジ彫パーツを作った時と同じ要領で、これを使って本体より中空の際の肉厚分のシェルを作ります。
grlg_n_parts171011a
このシェルで最初に持って来た本体素体を削ると肉厚の2ミリ分小さくなった削り込みブロックができます。これで本体を削りこんで行きます。
なぜこんな回りくどいやり方をするかというと、これから左右分割の際に加えるかみ合わせのためのダボ穴等を加えたりするのに都合が良いためです。
また、部員の成形方向に合わせたに肉厚の設定が必要になるため、
面倒ですが細かく各要素に合わせて、削り込みブロックを作っています。

コンソール部分も同じく肉厚分小さい削り込みブロックを作ります。これを上の本体ブロックと噛み合わせます。
grlg_n_parts171011b
次に、本体の凹み部分に対応した削り込みブロックを作ります。
素体の凹みを作っていた削り込みパーツを肉厚分大きくしたブロックを作ります。
手順は本体削り込みブロックの逆です。削り込みパーツのシェルを内側ではなく外側に作り、素体の削り込みパーツと噛み合わせます。
コンソール部コアドリル差込口は本来円錐ですが、左右分割した成型時には円錐のカーブはオーバーハングになるため。断面の三角形を使った三角柱で削り込みパーツを作ります。
グレンラガンの後ろアーマーが入る部分も同じく図形を描いて削り込みパーツを作ります。
grlg_n_parts171011c
これらを使って、先に作った本体削り込みブロックを削ります。
grlg_n_parts171011d
これで中空構造を作るための削り込みブロックが出来ました。
grlg_n_parts171011e
次に、内部の補強のリブと噛み合わせ用ダボの柱を作ります。
任意の位置にリブとダボ柱の図形を描いて奥行きを与えます。
grlg_n_parts171011f
これを本体削り込みブロックの履歴に入り、削り込み要素に加えておきます。

次は左右分割です。真ん中から割れるよう大きいブロックを作ります。
接合部での噛み合わせを作りたいので、断面外周より肉厚分小さくなった断面図を描き、奥行きを与えます。
これで左右分割用ブロックを削ります。

ダボ柱も高さを合わせてブロック履歴の削り要素に加えます。
grlg_n_parts171011g
ダボ柱より一回り小さいダボを加えます。任意の高さにして、左右分割用ブロックに噛み合わせます。
grlg_n_parts171011h
左右分割用ブロックはこれで完成。本体を削ってみましょう。
grlg_n_parts171011i
反対側のパーツは、一旦上の削り込みを解除して、左右分割用ブロックで削り込むのではなく、重なった部分を残すコマンドを実行します。
grlg_n_parts171011j
この際に履歴にもぐり、ダボ穴のサイズや左右接合部の寸法を反対側のものと隙間が空くように変更しておきます。
これで両側が完成。
grlg_n_parts171011k
次が最後の加工です。今回の特典はグレンラガン単体とフルセットの2種類のため、コンソール部とシート部に分割した構造にします。
まず本体前後を分割するブロックを作成して本体を削り取り。
grlg_n_parts171011l
grlg_n_parts171011l2
上の左右分割と同じく部品をコピー後、削りを解除して重なりを残すコマンドで反対側を製作します。

最後に前後を噛み合わせるためのレールとこれの受けになるパーツを作ります。
まず図形を2Dで描き、奥行きを与えます。
grlg_n_parts171011n
これを4分割された各パーツの履歴に潜り、配置します。

これで各パーツの形状は完成です。
grlg_n_parts171011p

3Dプリンターも導入しましたから、早速出力したいと思います。

今回は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

© STUDIO HALFEYE