2017 年 10 月 5 日

完全変形グレンラガン 170929

高島 肇 — Filed under: 天元突破グレンラガン,完全変形グレンラガン @ 4:15 PM

今回は超銀河の方はお休みにして、久々にグレンラガンの部品について。

グレンラガンの再販及びギガボックスセットの販売にあたり、新要素として当社通販特典を新規に製作します。
何が良いか相当考え込みました。
今回はグレンラガンが乗り込むアークグレンラガンのコクピットのシート件コンソールが良いのではないかと。
「コアドリル!スピンオン!!」
のシーンがビデオを見直した時にすごくカッコ良かったものですから。

全体として大きなものになりますので、グレンラガン単体ではコンソール部分と手首用コアドリル、ギガボックスセットではシート部分込みの全体、というような分け方にしようかと思っています。

さて、早速CADで製作にかかります。
今回はそれほど難しい形ではないのでサクッと作ります。
とりあえず形を作ってみて、その後グレンラガン本体に合わせて調整したいと思います。
3Dプリンターが入りましたからね、その辺は気軽にやれます。

手順は前回までの超銀河グレンと同じやり方ですね。
まず横位置でのシルエットを2Dで描き、断面も描きます。
grlg_n_parts170929a
断面をNURBS化し、これを配置後ソリッド化します。
grlg_n_parts170929b
同じように背もたれの部品を作ります。
grlg_n_parts170929c
シートのカーブ部分・背もたれ・シート基礎部分をかみ合わせます。
grlg_n_parts170929d
少し厚みがオーバーしている感じなので調整。
その後、コンソールと背もたれ横パーツを作って噛み合わせます。
grlg_n_parts170929e
各部のスジ彫りなどの削り込みソリッドを作ります。
シート正面・コンソールなどのカーブがある部分はシート履歴に潜って素体データを持ってきて、シェル化して削り込みパーツを作ります。超銀河グレンの時と同じ要領ですね。
grlg_n_parts170929f1
grlg_n_parts170929f2
シート本体をこれらで削り、ディテール出来上がり。
grlg_n_parts170929f3

とりあえずこれでコンソールシートの外観素体は出来上がりです。
grlg_n_parts170929ggrlg_n_parts170929h
この後、コアドリルとコンソールシートの構造部の加工に入ります。

今回は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

© STUDIO HALFEYE