2017 年 9 月 22 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 170922

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 4:27 PM

もう少しでエスカフローネは原型の仕上げ研磨作業が終了するところです。作業がどうにも地味なんでね、集中力を維持するのに苦労しています。

で、先日またもや事件が発生。
竜の翼関係は一連の成形テストのため、先に仕上げを終わらせていました。
今回別パーツ化した翼裏側の骨状の細かいパーツを、現在研磨が続いている本体パーツとは別の場所にしまっていたはずなんですが、これがどこにも見当たりません。

いやー・・・、またやらかしてしまったようです。全くもってお恥ずかしい話です。
ひとまとめに袋に入れてヒョイっと置いていたのが災いしたようです。
つい先日、フィギュアの頭部を失くしたばかりなんで、ちょっとショックが大きかったです。

失くなってしまったものは仕方がないので、急遽新しく作り直さなければいけません。
これは以前のレポートでも書いていた、エポキシパテを使って作ったかなり面倒なパーツです。

あれをもう1回やるのは気が重いので、別の方法を試して見ることにしました。今回は3Dプリンターを使います!

実は先日、待望の3Dプリンターを導入しました。こいつです。
esca170922a
今年の夏のワンダーフェスティバル等のイベントでこの機械での出力品を色々と見せてもらいました。
仕上げの際の研磨作業の軽減にかなり期待ができそうです。
実際に、この機械が活躍するのは次回の新作の出力時となりますが、いきなり本番でサクサク使用できるとも思えませんので、諸々のデータ収集と練習をあらかじめやっておきたいと考え、導入を決意しました。
もう個人レベルで買える価格帯になってきたとは言え、それなりの金額のため、これから長〜いローンが続くのが少々気が重いです・・・。

さて、原型の方の話に戻ります。
前回は翼本体のカーブに合わせるため、エポキシパテを押し付けて硬化後に削り込んで部品を作りました。
今回はこれをCADで作りますが問題はこの翼のカーブで、これはCADソフト内に反映させるのは非常に難しいです。
これは3Dプリンターの特性を利用します。

今回導入した3Dプリンターで出力した部品は出力直後は柔らかい状態で、紫外線を使って二次硬化させる必要があります。
まずスキャナーで取り込んだ翼本体の画像に合わせて、CADソフト内で骨パーツを作ります。
この段階ではまだ平面状に作った状態でわざと長めに作っておき、これを3Dプリンターで出力。
出力終了後、翼本体にムリムリっと押し付けてマスキングテープで固定。この状態で数時間日光にさらします。
esca170918a
カーブに沿って硬化したのを確認後、翼本体にサイズを合わせて両端を削り落とします。
翼本体の接合用ダボ穴にエポキシパテを充填し、骨パーツを再度押し付けて硬化を待ちます。
esca170918c
esca170918b
これを外した後、研磨を行い部品完成。
esca170922b

3Dプリンターのおかげで、部品の作り直しによるタイムロスも最小限に留められました。
前回は硬化待ちを入れて2日ほどかかっていましたが、今回は半日程度で済んでいます。
ホント、便利になりましたねー。

今回は以上!

by 高島
©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

© STUDIO HALFEYE