2017 年 5 月 19 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 170519

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 3:40 PM

今週は長らく格闘が続いているエスカフローネの翼の型の作業です。決着はつくでしょうか?

まず、前回に大敗を喫した型の1回目のシリコン流しを行いました。まる2日間シリコンの硬化を待ち、そのあと慎重に粘土を剥がしていきます。硬化後のシリコンの液面もその前に確認、綺麗に水平状態で盛り上がりなどはありませんでした。
これがその途中の画像。もうビクビクもんです。
esca170514a

粘土を全て取り除きました。
esca170514b
今回は原型の片側の先端がほんの少し浮き上がりがありましたが、軽く押さえてやるだけでなんとかなるレベルなので、まあ合格でしょう。
あれだけ慎重に埋めていってもそれでも浮き上がりは皆無にはならないんですね。面積が大きい薄物はそれだけ、難しいということでしょうか。

浮き上がった原型先端を瞬着で再固定してシリコンを流し込み、反対側も無事成功。やっと型ができました。
で、今度は注型のテストです。

esca170514c
とりあえず通常の注型は問題なく成功。若干、厚みが足りなくなっているところが見受けられます。薄物はほんと難しいなー。これは注型時に厚みが増える小技を使う必要があります。

フー・・・、これで型製作の第1段階は終了。次は裏面だけに色を乗せる加工のテストに入ります。これもアイディアはいいんですが、実行が色々と難しそうです。

今回は以上!

by 高島

©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

© STUDIO HALFEYE