2017 年 5 月 4 日

大完全変形超銀河グレンラガン 170429

久しぶりに「超銀河グレンラガン」の設計を再開しました。
前回作業時のファイルの日付を見ると、去年の8月16日だって!ドヒー!!よくもこれだけさぼっていたなと・・・。
今回はこのまま一切止めずに一気に完成まで持って・・・行きたいです。

さて、前回はスネ部分の途中まででしたが、ほとんど大まかには終わってますね。
hg_grlg _170429f
残っているのはドリル穴や足の裏のディテールなどの細かいところばかり。
ちょうど、CAD設計の感を取り戻すのに良い程度の作業です。
どういう風にCADで作っているかも今日から紹介しようと思います。
方法は色々とありますが、あくまで自分流ということで。
使っているソフトはVectorworks2015です。

今日は膝頭のミゾを作ります。
まずは膝頭のミゾの側面から見た時の絵を2Dで書きます。これに奥行きをつけて立体にします。斜めに見ると板になっていますね。とりあえずこれはそのまま置いておきます。
hg_grlg _170429d
ミゾ部分の面は膝頭の表面から一段低くなっています。
ベースの膝頭ブロックを材料にすると、均等な面ができます。
スネ作成のグループに潜って行き(履歴に入り)、噛み合わせた膝頭ブロックを持って出てきます。

次に膝頭ブロックをシェル化、ミゾで低くしたい深さのがらんどうの膝頭ブロックを作ります。
できあがったシェルにさっきコピーした膝頭ブロックを重ねて、ブロックをシェルで削る指示をします。
hg_grlg _170429c
これで一回り小さい膝頭ブロックができます。

次に、一回り小さい膝頭ブロックを先ほど作った板で削ります。これで膝頭のミゾを作るための切削ブロックができます。hg_grlg _170429b

スネ本体に切削ブロックを重ねて、切削指示。
hg_grlg _170429a

仕上がりはこんな感じですね。
hg_grlg _170429e

こういう調子でディテールを削りこんでいくわけです。
その時々でディテールの形は変わりますが、基本的な動作はこんな感じです。
今回の膝頭は簡単で、基本動作を説明するのにちょうど良い場所でした。

今回は以上!

by 高島

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

© STUDIO HALFEYE