2017 年 4 月 21 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 170421

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 7:18 PM

エスカフローネは翼のパートの作業を続行中です。
現在はひたすらシコシコ磨き中。
例の塗膜を使った新成形法は型が出来てからなので、まずは原型を仕上げなければ、実戦で使えるか確かめようもありません。
もうちょっとの我慢ですね。
esca170421
磨きの方は、旧作は梨地に仕上げていたので、これを磨きとるので時間が取られています。

20年前の原型製作当時に、表面仕上げの参考にデザイナーの山根公俊氏にエスカフローネの素材はどんなものなのかお聞きしたことがあります。
「セラミックのような素材」とのことで、当時は「セラミック=焼き物」と自分はイメージして、ざらっとした感じで仕上げました。(ちなみにこの素材については、あくまでデザイン上のイメージをお聞きしたお話なので、公式な設定ではありません。)

現在はちょっとイメージが変わってまして、同じ焼き物でも釉薬を塗ってある陶器のようなテラっとした艶のある感じなのではないかと思っています。
そのため、今回は磨き込みで余計時間がかかっている次第。
上がり次第、型製作に移行の予定です。

というわけで、今回は以上!

by 高島

©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

© STUDIO HALFEYE