2017 年 3 月 31 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 170331

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 4:12 PM

今週は引き続き、エスカフローネ上腕付け根の再設計の作業を行いました。
も〜、とにかく生産のフォローに時間が取られ、原型関連に割く時間を確保するのに苦労しています。
とにかく、早く組み立て現場には自分の手伝いがなくても稼動できるようになって欲しいところです。

さて、今回の改良では球体からネジによる回転式に関節を変更しています。
球体と同じ動作をさせるには前後・水平に加えてひねりの3方向の動きが必要になり、要するにネジ関節を3個用意しなければいけません。
うちの場合はネジによる強度の調節ができるのがメリットですから、メンテ性も必要になります。
さらに上腕付け根の横にはヒンジが存在しており、これが腕の横スイングの障害になっています。
このヒンジは、竜形態への変形の際には付け根を外側にクランク移動させる都合上、この位置に置くことになります。
移動ポイントはいじれないので、今回は各部品の形状と構成を工夫しました。
これらの条件を統合して部品構成を考えます。
各構成と動きはこんな感じです。
esca170331a
esca170331besca170331c
上腕部が水平方向へのスイングする際にはヒンジ内にめり込めるようヒンジはU型になっています。

上腕の再設計はこれでひとまず完了。
次は竜の羽の部品構成を検討します。ここもなかなか厄介なんですよ。

今回は以上!

by 高島

©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

© STUDIO HALFEYE