2017 年 3 月 17 日

「完全変形サイバスター専用ディスプレイスタンド」 170317

今週は「完全変形サイバスター」「専用ディスプレイスタンド」の生産の方でかかりっきりになってしまいましたので、今回はこちらのお話。

2作品の型の製作と調整がやっと終わり、テストショットが無事組み上がりました。

この2作品は再販となってはいますが、サイバスターの腰の部分の新規の部分もあり、バージョンアップされています。
部品表面はパール粉をコーティングされており、光がキラキラと反射する美しい仕上がりになっています。
これはここ1年ぐらいで自分が新しく身につけた新しい成形ノウハウが反映されています。

もう一つのウリは「専用ディスプレイスタンド」の発光モジュールです。
cyb170315c
早速光らせてみましょう。
cyb170315i
室内の照明を落とすと光量がどれだけか、わかりやすいですね。ブワーッと光ってます。

今回は発光部も社内で組み上げる方法にしています。
発光イメージはかなりしっかりと決まっていますが、これにあった既存のライトを探してもなかなか見つからないので、だったら自分達で作ってしまおう、とウチとしてはよくある流れでこうなりました。
内部の発光部はこういう部品が入っています。
cybst170317c
光らせるとこんな感じ。
cybst170317d
これはテープLEDといって、テープ状に配線されたもので、テープの側面部が光るタイプのものです。
前回同様、とにかくサイバスターの足元からブワーッと魔法陣が輝く雰囲気が欲しくて、スタンド内部の配置や部品の選定を延々と繰り返し、かなり時間をかけてしまいました。
最終的に導き出したのが現在の構造と部品です。
粘った甲斐あって、満足がいく輝きとなりました。
さらに外部電源式に切り替わった流れで、発光の操作はリモコンで行う仕様となりました。
光量調節に加えて、点滅などのモードも使えるようになっています。これも色々と遊べて楽しいですね。

と、こんな感じでテストショットも完成したので、いよいよ本番の製品版をお届けできるようになりました。
お待たせしております皆様、もうしばらくお待ちいただけますようお願いいたします。
※変更後のお届けのスケジュールはトピックスページにてご案内しております(コチラ)。

今回は以上!

by 高島

©SRWOG PROJECT

© STUDIO HALFEYE