2017 年 2 月 3 日

「可変エスカフローネ復刻の道!」 170203

高島 肇 — Filed under: 可変エスカフローネ,天空のエスカフローネ @ 4:46 PM

前回でエスカフローネの竜首先端のガイメレフ頭部と竜頭部が繋がりましたが、作業はまだ続いております。

竜頭部はガイメレフ(人型)時は分離して胸の部分に収まっています。
竜形態に変形する際にはバックパックから繋がっているガイメレフ頭部がガスッと刺さってこの竜頭部の後ろから拾い上げるようにして展開します。
このプロセスを行う時に、ガイメレフ頭部が胴体上部(首の付け根あたり)に潜り込む必要があるわけですが、いざ変形させてみるとあちこち干渉してしまってこれが上手くいきません。

背面にある着座シートが顔面に当たってしまうので、まずここから。
CADで新造した良い位置にあったシートは一旦もぎ取った後に、手作業で胴体内部に倒れこむようにヒンジを新造しました。
最初から全パーツをCADで作っていれば、各部品の移動ストロークに合わせて位置や移動を決められるのですが、今回は旧部品との組み合わせなので、そうはいきません。
新旧パーツをその都度に合わせながらの作業になり、確認して上手くいかなければ加工、また確認しては加工の繰り返しになります。
延々とガリガリやるため、とても時間がかかります。
まあ、当時のやり方はこんな感じだったんですね。

次はガイメレフ頭部の兜外周が胴体のえり部分に当たってしまっているので、えりを切断分離後ヒンジを新設しました。
ガイメレフ頭部が胴体に潜り込む際にはえりが外側に逃げて干渉を回避するようになっています。

今回は一連の動きがわかるように画像は多めで載せました。
着座シートは赤丸ワクの部分です。
esca170203a
esca170203b
esca170203c2
esca170203d2
基本構造は旧部品のままなので、今回悩まされた干渉は当時のはどうだったんだろうかと色々考えましたが、とんと思い出せません。
なんか無理やりグイグイやって上手く噛み合わせていたのかもしれませんねー。恐るべし、20年前のオレ。

ずいぶん長くかかってしまいましたが、やっと竜首ユニットの作業は完了です。これで難しいギミックの作業は終わりです。
まだ各部でちょっと手を入れたいところがあるので、これをやりながら全体の組み上げを行なっていきます。
そうそう、マントも残ってましたね。これもやらなきゃ。

今回は以上!

by 高島

©サンライズ
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

© STUDIO HALFEYE