「最小変形ゲッター1ver.2014」160129

現在、機首部分を作業中です。色々と仕掛けが多いので、時間がかかります。
ゲッター2の時のスネになる構造がかなり空間を確保できていて,ちょうどうまく頭部がすっぽり入るのでそのまま採用。内部の作業はすんなり解決しました。
g-1_v14_160127a

頭部の構造の方は全て完了しました。
何しろ小さい部分なので、ギミックはほとんど入れられません。
この部分に関してはギミックよりもデザインを重視すべき、と考えました。

で、この頭部ですが、外形デザインを決める時にはかなり時間をかけました。
正面から見た時はオリジナルのままの雰囲気で、角度を変えていくと凹凸が表情をつけていくようにしました。
g-1_v14_160127b
色々角度を変えてみるとこんな感じですね。
g-1_v14_160127e
g-1_v14_160127c
g-1_v14_160127d
ただ、ディテールを入れ過ぎてしまうと真ゲッターに近づいてしまうので、どの辺で留めておくかが難しいところでした。

次回は引き続き機首部分と後部ノズルの作業になります。

今回は以上!

by 高島

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
※こちらの写真に使用の画像は開発中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 最小変形ゲッター1ver.2014   パーマリンク

コメントは受け付けていません。