久々なので長いです。現在、成形で激闘中であります。

ここのところ次回新作の作業時間がほとんど取れず、主にゲッター2ver.2014の原型部品の磨きと完全変形ゲッターロボの成形作業に専念しています。

特に成形の方がかなり大変なことになってました。現在は問題はなんとかクリアし、過去形で書けるようになっております。
5月に入ってから、真空注型で成形した部品に大量に泡立った気泡が発生するようになりました。
ホントにいきなりです。
真空成形というのは型に材料のレジンを流す前に真空ポンプで減圧して脱泡を行います。
主に空気中の水分から移ったレジンの水分をこの作業で吸い出すのですが、冬場はものの数分で終わるところ、これがずーっとブクブク言ってて全然終わらないのです。
おそらくは季節が変わって湿気と気温が上がったせいだと思われ、要は真空ポンプで減圧し続ければいつかは気泡は無くなるのですが、それにしても時間がかかり過ぎます。
その日によって時間は変わりますが、ヒドい時は2時間経ってもブクブク言ってる時もあります。これでは作業になりません。
順当に考えて、よりパワーのある真空ポンプに切り替えれば、この時間を短縮出来ると考えました。
ところが、この馬力のある真空ポンプをネットで購入しようと思いましたが、どこも品切れ状態。
Amazonで「在庫あり」というショップを見つけました。他所に較べると価格は高めになりますが、現状ではまあ仕方がないかと納得し注文しましたが、その後「品切れでご注文をキャンセルします」との通知が。
さらにポンプメーカーに在庫状況を問い合わせましたが、全くのシカト状態。
ヒドいなー・・・。

ほぼ八方ふさがりで困っていたところで、小さい部品の成形作業などで使っていた加圧鍋を使った加圧式の成形装置が目に留まりました。・・・こいつを使ったらどうだろう。
当然小さい装置なので現行の型は入りませんが、どっちにしても現状では使い物にならない型なので、躊躇なくぶった切ってこの装置に入るようにしました。
で、注型テストを行ったところ、これが上手くいくんですよー。もう笑っちゃうくらいきれいにスピーディーに抜ける。これだ!これですよ!!
やっと成形を再開出来るようになりました。ただ、装置が小さいためこれに入れるには上に書いたように型をぶった切るか本来のサイズで入れられるような大きな装置にしなければいけません。
効率を考えると大きい方が当然良いので、ネットで業務用の加圧鍋を注文しました。
また「品切れ」をやられるんじゃないかとドキドキしましたが、これはすぐに到着。良かったー。

早速、これを使って加圧脱泡装置を製作。成形も再開しました。
現在は従来の真空注型装置で流した直後に加圧装置で急速に圧縮して仕上げる2段階のパワフル成形を行っています。ブクブク言おうが、加圧装置で黙らせます。おかげで部品も順調に成形出来ています。
ただ、5月頭からの問題発生からここに至るまでの成形不能のブランクの期間は埋められず、その分のスケジュールに大幅な遅れが出てしまいました。お客様並びにスタッフにはご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ないです。

で、現在の成形復帰が出来て思うのですが、冒頭での高出力ポンプを入手していたら結果はどうなっていただろうかと。
これは実際にテストしてみないと判りませんが、果たしてポンプの力を増しただけで上手くいったかどうか。
それを考えるとポンプの品切れやメーカーの不誠実な対応も結果としてはありがたいなー、と思えるわけで。

なにが、最終的に成功するためのファクターになるか判らず、その時は最悪と思える事象も必要な事かもしれません。
大事なのはあきらめずに目標に向かって這い進む事なのかもしれません。

と言うわけで、状況は改善の方に向かっておりますが、まだ道半ばであります。
皆様のご理解とご協力をいただければ幸いであります。

by 高島

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。