メタリック成形150503

いやー、思いっきり久しぶりの更新です。
先日コラムの方で書いていた、自社成形による新しい技術の「メタリック成形」が手に入りました。

メタリック成形は意外に難しく、特に色付きのものは業者さんからも敬遠されがちです。
以前、ウチで行っていたカラー版のメタリック表現はまず、無色のシルバーで成形した後、染料で各色に染めるというやり方でした。
これはこれで恐ろしく難しく、当時の担当者の名人芸でないととても再現出来るものではありません。
さすがに自分が同じ事をやるのはちょっと無理そうなので、あくまで正攻法でレジンの中に混ぜ込むトナーやメタリック物質の配合を追求し、安定したレシピを確立する事に専念しました。

で、テストで成形した部品がこれです。今回はメタリックレッドで成形してみました。
GRR15003a
目標としては、以前生産していた染料と同じように見えるところまでに持って行く、と言う事なので、成果としてはこれで十分な仕上がりと言えますね。

とりあえず、これでメタリック成形の技術的な部分は裏付けられました。
今後、メタリック・バージョンによる限定商品を発表して行くことになると思いますので、その際にはよろしく。

今週は以上!

by高島

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントは受け付けていません。