完全変形ゲッターロボ・リニューアルver. 141227

今日は「完全変形ゲッターロボ」のCADで作りなおした部品の出力部品を組み立てて、それの画像を載せるつもりだったのですが、3Dプリンターの出力業者さんからはいまだ届きません。
前回のゲッター2より圧倒的に部品数は全然少ないんですけどね、どうしたのかな?
最小変形のものより圧倒的にサイズが大きいんで、そのせいかもしれません。

というわけで、今回はまた原型製作の話。
丁度、今はスネカバーを3Dプリンターで作っているのでそこの話にしましょう。
以前書いた各形態の特徴になっているパーツで、ゲッター3としては腕の蛇腹がこれにあたります。
このユニットは重要なため、サイズは可能な限り大きくする必要があり、おのずと収容する場所もスネ内部とかなり早めに決まっていました。
当初のイメージではスネカバーがゲッター1の時だけかぶる、というものでしたので、現在進めている「最小変形」のデザインのコンセプトはこの時のものに近いですね。
g-1legg-1
g-1legg-2

で、スネの内部に蛇腹を入れるには断面がキッチリと輪になっているカバーを作らないといけません。
当時は今のようなCADなんてものは無く、数値を入れればヒョイッと形が出る便利な道具はありませんでした。
今は使わなくなって、倉庫で眠っている旋盤も当時はまだ入手出来ておらず、言ってみれば「夢の工具」でした。
まあ平たく言うと、当時は曲面を描く部品は角材をガリガリ、ヤスリで削って作っていたわけで、上で書いたような正確なパイプ状の部品を手作業で作るのはさすがに無理でした。
で、色々と材料を探して見つけたのが、近所のホームセンターで売っていた塩ビ製の水道管です。
これを適当なサイズで切り出した後にレジンでリキャストしてこれを加工して原型を作って行きました。
先日、原型を調べた際に表面の塗膜を剥がしてみたところ、素材のレジンの色は今ではほとんど見る事のないベージュ色でした。懐かしいですね。
当時このレジンを作っていたメーカーは今もあるのか無いのか…。

ちなみに今回CADで作り出す際も、塩ビ製水道管の規格を調べてサイズの参考にしました。
早く上がって来た出力部品を組み立てて、旧パーツとの合を確かめたいところです。

今週は以上!

※当ヒミケンページも今回で今年最後のものとなります。来年もどうぞ、よろしくお願い致します。

by 高島

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
※こちらの写真に使用の画像は原型のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 完全変形ゲッターロボ<リニューアルバージョン>   パーマリンク

コメントは受け付けていません。