最小変形ゲッター2ver.2014 141023

随分間が開いてしまいました。

久々に生産が決まった「完全変形ゲッターロボ」ですが、作品の紹介ページの内容は現在に較べるとちょっと寂しいですね。
後日、当ページで当時の思い出話も交えて、様々なカットやギミックを紹介して行こうと思います。
ただし、以前成形・組み立てを行ったサンプルが在庫で残っていれば撮影もすぐに出来ますが、無い場合は新しく成形しないといけないので、その場合は画像はだいぶ先になっちゃいますね。

さて、現在はグレンウィング等の成形をしつつ、次の新作「最小変形ゲッター2ver.2014」の設計を続けています。
外形のモデリング作業は終わり、内部機構の設計が始まっています。あと数日でジャガー・パートが終わる予定。
で、今日はこれの外形デザインが決まった際の画像を掲載しておきます。
ただ、これはあくまで内部機構が入る前段階の固まり状態のものなので、完成時には変更点は色々出ます。あらかじめご了承ください。
g-2_素体1
g-2_素体3

今回のテーマとしてはゲッター3ver.2014をスタートとして、新しいデザインラインの最小ゲッター・シリーズをイメージしています。ゲッター3の時に作った各ゲットマシンを材料にして、部品を再配置。現時点で自分がかっこいいと思うゲッター2のイメージにまとめました。
ゲットマシンはゲッター3のものと共通のデザインで、可能であればどれがゲッター1〜3のものなのか、見分けがつかないぐらいにしたいと思っています。
サイズ・部品数で限界があるので、まあ出来るだけということで。

今週は以上!

by 高島

©永井豪・石川賢/ダイナミック企画
※こちらの写真に使用の画像は設計中のものです。
各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

カテゴリー: 最小変形ゲッター2ver.2014   パーマリンク

コメントは受け付けていません。