完全変形グレンラガン130404

ギガドリルの出力部品が本日届き、今はこれの組み立て作業にかかってます。

さて今回の画像は,出力を待っている間に作業した、各コクピットに座らせるシモンとカミナのフィギュアです。
まだ思いっきり作りかけです。
grlg130404

もの凄く小さいです。前回、ダイ・ソードで作ったフィギュアよりさらに小サイズです。
シモンの方は特に条件がかなりシビアで、ラガン単体の時のシャッターが閉じた状態でも内蔵できるようにしなければいけません。
方法としては、ラガン・コクピットにエポキシパテをねじ込み、上からシャッターパーツを被せます。
これで空間部分はエポキシパテにおき変わるので、硬化後にこれをとりはずして、チョコチョコと削り込んで形を出して行きます。
やや設定より小サイズ気味になりました。ギミック諸々の条件があるので、まあこんなもんではないかと思います。
カミナも多少余裕がありますが、作業はほぼ同じ。
エポキシから削り出し、ポリパテで修正して行きます(黄色の部分がそうですね)。

部品のサイズはほんのひとつまみ程度の物ですが、非常に時間がかかっています。思った以上です。
まだグレンラガンの頭の上でポーズをとる、シモンのフィギュアが1体丸々残ってるんですよね。
映像作品の魂を立体で表現するには絶対必要だと思って企画したんですが・・・う〜ん、なかなか大変だぞ。

ギガドリルの出力部品が上がって来ちゃったので、とりあえずフィギュアはここで一旦お休み。
ギガドリルの組み立て終了後に再開します。

今週は以上!

by 高島

※画像は開発中の原型を撮影したものです。監修前のため、今後大きく形状・仕様が変わる可能性があります。

(C);GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

カテゴリー: 完全変形グレンラガン   パーマリンク

コメントは受け付けていません。