完全変形ダイ・ソード120720

現在、当サイトのトピックスページでもご案内をしておりますが、製品の方の動作テストの際に問題が発生してしまいました。

これの原因はほぼ確定し、これにあわせた新原型部品を製作しました。今はこれの検証を行うための準備に入っています。

問題は解決しつつありますが、残念ながらご案内していたお届けの時期をズラさざるを得ません。本当に申し訳ないです!
原型やこの部分の設計変更時にサンプルによる構造テストを行ったんですが、実際の製品は素材が変わってきているためか、予想外の不具合が出てしまいました。

これからはこの辺りも詳しくレポートして行こうと思っていますが、まず本日はその場所と発生している問題の説明から。


これがその部分です。ここは非常に複雑な構造をしており、過去に何度も設計を変更してきました。
この部分の動きは肩関節としての動きに加えて、変形時には二つに割れて任意の場所に移動し、その上で上腕付け根のあたりで特定の角度に傾く必要のある場所です。
画像で出すとこういう感じですね。

と、こういう動きをするために特殊な形状の部品が内蔵されています。
これが今回の原因になっています。これに関してはまた次回以降で説明します。

で、今回発生したトラブルの現象は、人型形態の時のものです。
成形業者さんから上がってきた製品サンプルを確認用に組み立てた時に発生しました。
上腕と言うか腕全体ですが、肩間接の玉に対して1方向にしか回転出来ない、というものです。
撮影に使った原型や初期のサンプルテストでは全く見られなかった現象です・・・困りました。

これの原因については次回でレポートします。

今週は以上!

by 高島

カテゴリー: 完全変形ダイ・ソード   パーマリンク

コメントは受け付けていません。