完全変形シュロウガ 091127

『完全変形シュロウガ』のお申し込み枠も残り少なくなってきたようです

予約枠が埋まっちゃう前にシュロウガの話をできるだけ書こうと思っていたんですが・・・
えー、すいません、先週は会社の倉庫の整理で掛かりっきりで、原稿を書く余裕がありませんでした。
雨の中で強行したもんで、風邪まで引きました。

その辺の話はコラムでも書きましたが、なんで悪天候にも関わらず、倉庫整理を強行したのかというと、この日の前日にトラックをレンタカーで予約してまして、「当日のキャンセルはお金をとられちゃうよ」と、このレンタカー屋のサイトに書いてあったからです。

で、後日談なんですが、このトラックを返しに行って手続きを待っている間に、お店のお姉さんに「これこれこういうワケで、今日は雨なのにがんばってレンタカー借りちゃったんですよー、ハッハッハッ!」と話したところ、

「えー!? そういうときはキャンセルは受付ますのにー? 別の日にできますから、次はおっしゃってくださいねー」

ナヌー! じゃ、この雨の日に引っ越したのは頑張り損ですかー!? 先にって言ったって、キャンセルはダメって書いてあったじゃないのー! オマケに数日経ってからは、さらに風邪まで引いちゃったんですけどね。

あー、まだダメージが抜けてない。
全然関係ない話を書いちゃった。

そうだそうだ、シュロウガの話をしなきゃ。
今日は脚部の話にしましょう。

t091127a

設定画を見ると、どうやらシュロウガの黒鳥形態時には逆方向に正座をしている形で脚がたたまれているようです。
さらにスネ裏表は逆になっており、そこから先の足首はさらにまた正方向に向いており・・・、あーもう、ややこしい!
見た目以上に脚部の設定はややこしいのです。

普通に逆正座の形をとると厚みが増してシルエットに影響が出ますので、腿の真下につくのではなく、ヒザ関節の根元が割れて外向きに展開することで、たたんだ状態でのスネを腿の真下ではなく、横に持って行くようにしました。
スネの付き位置次第で雰囲気はガラリと変わります。

t091127b t091127c

さらに足首は両側面をスネのパーツが挟んでいるため、回転することができません。
この問題を解決するために、スネカバーがスライドして足首と干渉しないところまで移動したあとに足首が回り、その後にまたスネカバーがスライドして戻る構造にしました。

t091127d t091127e

あーどんどん、スネフレームの動きが複雑になっていきます。

これだけ複雑な動きをするとなると、同じ数だけネジを打ち込む必要が出てきます。
今回はサイバスター同様、カバーパーツを使ってできるだけネジを目立たなくするのがテーマなので、これを組み込む必要も発生します。

t091127f t091127g

さらに条件が増えて、収拾がつかなくなってしまいそうでしたが、調整を行ないながらなんとかしのぎました。
完成後の外観からは想像もつかないような激闘が行なわれているんです。
ホント。

というわけで、2週間ぶりなんでがんばってみました!

今週は以上!

by 高島

©SRWOG PROJECT

カテゴリー: スーパーロボット大戦OG ORIGINAL GENERATIONS, 完全変形シュロウガ   パーマリンク

コメントは受け付けていません。