最小変形ゲッター1 ver.2.0 071004


©ダイナミック企画
※こちらの写真に使用の製作中原型は監修前のものです。各部品の形状等は今後、修正・変更される場合がございます。

今回は『最小変形ゲッター1 ver.2.0』のイーグル号です。
他のゲットマシンと同じくキャノピーが展開してコクピットが露出するようになっています。

イーグルで一番大変なのは、ノズルの追加。
これがあるのと無いのとでは、全然違います。
元々の基本構造では、合体時にノズルの入るキャパシティがほとんどありません。
解決法としては、機首を止めているヒンジを利用して、合体時に起き上がる構造にしました。
ジャガーで作ったノズルパーツを板、というかフタ程度の厚さ(3mm)に削り込みました。
これが起き上がり、ジャガーの隙間に突き刺さっていく形で収納されます。
『最小変形』なんですが、凝ってしまいました。
今だからやれる構造ですね。
 
今回は以上!

by 高島

カテゴリー: 最小変形ゲッター1ver.2.0   パーマリンク

コメントを残す