最小変形ダン・オブ・サーズデイ050804


©2005 AIC・チームダンチェスター/ガンソードパートナーズ

ウ〜ン、残念! 塗装まで終わらせられませんでした。磨きは終わったんですけどねー。あと1日あれば間に合った感じです。

なんでこんなに塗装を急いでいるのかというと、実は、今週末に再びAICさんに監修でお邪魔する予定なんです。どうせなら色まで付いた状態で見てもらった方が、喜んでもらえるんじゃないかと思いまして、がんばってるわけです。

この画像の撮影が終わってから、さっそく塗装に入ります。塗り上がったら、すぐに野毛山にアップしてもらいますから、もうちょっと待ってて下さい。

さて、今回のダンに関しての仕事は異常に進みが早いと思われる方も多いかと思いますが、実際はこんなもんです。ちょうどこの時期、型埋め等の作業は鈴木が担当してくれていたりと、他の仕事に割かれる時間が大幅に減らせたのが要因ですかね。

原型のみに集中して仕事ができるのは、ホントに幸せな状況だと思います。あと、「完全変形」規格は今回の規格に比べて物凄く大変なので、そのへんの差もあると思います。

ここで公開している進捗状況もほぼリアルタイムです。進んでいるときはお客さんに一緒に喜んでもらって、そうでない時は一緒にハラハラしてもらおう、というのがこのページの基本コンセプトです。

昨今、スーパーに並んでいる魚は最初ッから切り身の状態で海を泳いでいると思っている子供がいるそうです。材料を土に埋めておけば勝手に変形するモデルがはえてくる、と思っているような人がいるかもしれませんので(まあ、これは一つの例えですが)、原型を作るってのはこういうことなんだよ、というようなメッセージが込められてるわけですね。

臨場感があっていいでしょう? さあ、一緒にハラハラして下さい。

by 高島

カテゴリー: 最小変形ダン・オブ・サーズデイ   パーマリンク

コメントを残す