2018 年 2 月 16 日

「大完全変形超銀河グレンラガン」 180216

「超銀河グレンラガン」の外形モデリングの出力及び組立作業が終了しました。
 いやー、大変だった。出力に使用している3Dプリンターはまだ分からないことが多く、そのため今ひとつ使いこなせていない感じです。

まんまのカタマリで出力すると、材料が勿体無いため、内部を中空構造にデータを加工したのですが、これが良くなかった。
この3Dプリンターは液状のレジンをレーザーで固めていく方式なのですが完全に閉じた中空構造にすると、出力の際にこの液状の材料が逃げ切れずに残ってしまうようです。
出力後、部品のどこかに小さいスキマが出来ているらしく、チョロチョロと液状レジンが出て来ます。
何回拭き取っても終わらないので、業を煮やして差し障りのない場所にドリルで穴を開けると、まあ出るわ出るわ、ドロドロの液体が。

で、今度は液体の逃げ口を作って、いちばんの大物のカタマリの胴体を出力しました。
延べ25時間、良い調子で夜通し動き続けて完成まで残り2時間を切った昼ごろ、突然機械が止まりました。
出力箇所を薄く作っては剥がし、という作業を繰り返すタンクに部品が張り付いて動かなくなってしまったらしいです。
こうなってしまうと、出力は中止しなければいけません。

取り出して見ると、残り作業はあと1時間ちょっとだっただけに各部品の先端を残すのみとなっていました。もったいないなぁ。
であれば、この残りの部分だけを作って貼り付ければなんとかなると思い、また出力。

大雑把なサイズで出力したものを本体の未出力部分の境界に合うようにじわじわ手で削り込んで行きます。
これがまた結構、時間を取られました。すんなり出力が完了してくれてれば、こんな事しなくても済むんですが。

というわけで、なんとか完成しました。
まだ外形だけのカタマリなのに、すでに若干燃え尽き気味です。
内部構造まで入った、本番の出力の時にはどうなっちゃうんでしょうか?

とはいえ、やはり立体で出すと、CADソフト内の画像を見るのとは違う迫力があります。ん〜、良いですねー。
ただ、この外形モデルはただの素体で、これから行う構造設計に伴い、サイズも含めてガンガン変更が入り、別物になっていきます。

hg-grlg_p5hg-grlg_p6up
今回画像は後ろ姿とアップのみです。全身はWF会場でのお楽しみ、ということで。
卓番号は6-18-01です。ぜひお越しください。

今回は以上!

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

2018 年 2 月 10 日

「大完全変形超銀河グレンラガン」 180209

先日、ついに「超銀河グレンラガン」の外形モデリングが完了しました。設計作業はまだ行程の半分ですが、とりあえずは一山越したところです。

当初は今月開催のワンダーフェスティバルで全て完成した状態での展示を目論んでいましたが、とりあえずはこの外形データを3Dプリンターで出力して、参考展示をする予定です。

先に試験的に頭部のみを出力していましたので、現在はこれ以外の部分を順番に出力しているところです。
なかなか各部品が大物のため、各パートが先日のギガボックスの特典のコクピット・シート並みに22〜26時間という長丁場になります。1回、気が付いたら機械が止まってしまっており、まる1日分時間と材料が無駄になってしまったこともありました。
放っておけば自動的に部品を作ってくれる便利な機械、というわけにはいかないようです。それなりに手間がかかります。
hg_grlg _180209b
これは出力直後の様子です。実際には機械内部に部品がぶら下がった状態で出来ていきます。
hg_grlg _180209a
現在はここまで出来上がっています。一番容量を食いそうな胴体はこれからです。材料が足りるかちょっと不安です。

これらの出力が上手くいけば会場で展示できますのでどうぞお楽しみに。
あと、明日2月10日の24:00にてグレンラガン及びギガボックスの受注を締め切ります!ご入手がまだの方は最後の機会になるかもしれませんので、是非お申し込みください。

今回は以上!

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

2018 年 2 月 3 日

「大完全変形超銀河グレンラガン」 180202

現在、超銀河グレンラガンの頭部の外形モデリング続行中です。
ああ〜悔しい!
本体はもう出来上がって、あとはエリの側面とグラサンを作れば完成なんですけどねー!
1月中に外形モデリングを全部完了させる、という目標は達成できずです。
睡眠時間を4時間まで削り込んで、かなりいいテンションと集中でやれていたのですが。
どうも自分をここまで追い込まないと良い仕事にならないようです。
毎度毎度、あの世がチラチラ見えて来そうな状態で仕事をするのはどうにもシンドいので、もう少し穏やかなスケジュールで仕事をしていきたいんですが、自分の性分のようなのでこのペースで内部ギミックまで突っ走るつもりです。

さて、現状の頭部の本体は一通り出来上がったので、画像を上げておきましょう。
hg_grlg _180202a

hg_grlg _180202b

hg_grlg _180202c

hg_grlg _180202d
映像本編ではグラサンをかけている状態だったので、こういうふうに目が見えているのは人によっては新鮮かもしれませんね。

というわけで、今回は以上!

by 高島

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

2018 年 1 月 25 日

大完全変形超銀河グレンラガン 180125

現在、「グレンラガン・ギガボックス」の生産準備と同時進行で設計進行中です。とにかく時間のスキを見つけてはその都度ちょこちょこと進めています。
頭部の外形が出来上がれば残りは胸と頭部のサングラスだけとなり、外形モデリングは完成します。
できれば、今度の「ワンダーフェスティバル2018冬」の当社ブースで何かしらの外形モデリングを使って展示を行いたいと思っております。
先日購入した3Dプリンターでの出力品か、あるいはCADの3Dモデル画像の大きな看板で「超銀河〜」の全身を見せられればなー、と。
これについては版権元さんにお願いしてみて許可をいただければ、という事になります。

さて、実際の頭部モデリングの進行状況ですが、現時点で半分といったところでしょうか。
もう憶えていないくらいの回数で額部分とこれの下テーパー・顔面及び鼻を作り直しました。
とりあえずはこれでよし、と言うところまで持っていったので、今は別パーツに移っています。
色が付いている部分がソリッドが完成しているところで、アタリを取るための赤線のみのところは未製作の部分です。
hg_grlg _180125a
顔面部分は恐ろしく大変だったので、目の部分はしばらく置いておいて、全体が揃ってからにします。

現在は口部分で進行しています。
hg_grlg _180125dhg_grlg _180125ehg_grlg _180125f

上唇ですね。こんな感じでいつもと同じく、断面を使ってソリッドを構成して行きます。
額の作業では自分が「断面操作の鬼」と化していたので、口部分はもうザクザク進んでいます。
この後、下唇が終わった後はアゴ部分に行きます。この勢いでどんどん進みます!

今回は以上!

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

2018 年 1 月 18 日

大完全変形超銀河グレンラガン 180117

2018年最初の「超銀河グレンラガン」進行報告です。
いやー、久しぶりですね。
去年の暮れから正月過ぎまで、他作品の現場作業で一杯一杯でしたが、やれる時にチビチビと進めていました。
「ドリルが1回転すればちょっと進む」のグレンラガンの精神そのものです。
設計に割く時間の確保も大変なので、原稿書きの時間を節約するため、設計をしながらPCの音声入力を使って口述筆記なんてのを試しました。
一応、自分が喋れば文章にはなるのですが、それの内容が誤り(というかソラミミ)だらけでひどい状態で、どうにもそれが気になって設計の方に集中できません。
というわけで、本末転倒になってしまうので口述筆記は中止。
後日、録音だけしてそれを原稿化するなんていう方法を試してみようか、とも考えています。

久々の今回はやっと時間が確保できたので従来通りの手書きによる原稿を書いております。
上でも書きましたが、ここしばらくは他作品の組み立て説明書作成と付属アイテムのマント製作オンリーの仕事が続いていました。
マントなんていうのはガレージキットというよりドールのジャンルですよね。いっその事、そっちの方にも進出するか?

さて、設計の方は腕ユニットの残りのパートの拳部分を作っていました。
拳は顔と同じく表情があるので、なかなか大変です。正直苦手だなー。
指や手のひらの細かい造形は後にやるということにして、まずは大雑把な円柱パーツを配置して拳全体のバランスを決めて行きました。
hg_grlg _180117a
こんな感じです。

一通りのバランスが決まったあたりで、指のディテールを作り込んだ指素体を作ります。
hg_grlg _180117c
この素体を先に作った、大雑把な拳の各指の円柱部分と入れ替えて行きます。
指素体は人差し指サイズで作ってあるので、中指と親指は拡大、小指は縮小して入れ替えます。
hg_grlg _180117c2
各関節部には球体を配置して関節っぽくしてあります。

この球体は「回転体」というコマンドを使って作りました。
本番用指の断面サイズに合わせた半円を2Dで描き、これを回転させて球体にしますが、ここでトラブルが。
hg_grlg _180117b2
過去何度も行なっていたこのコマンドがまったく受け付けられず、原因不明の動作拒否状態に陥ってしまいました。
かなり長い時間を要していろいろと調べましたが、原因はまったく不明。
ソフトの破損を疑って再インストールまでしましたが、症状は変わりません。
で、ほぼ諦めていた時にいきなり問題が解決。
回転体を作る際に様々な数値を打ち込むダイアログ画面の通常変更しない場所で、数値がゼロになっているところを適当に別の数字を入れて実行してみたところ、いきなり回転体ができました。

どーも、ダイアログ画面のこの部分に英数字ではなく、カナ数字でゼロを打ち込んだヤツがいたらしく、その数値の状態がダイアログに残っていたらしいですねー。
カナ数字はデータ操作の際には数値として認識されないので、原因はこれでしょう。
「そして、犯人はこの中にいます!」ええー!?
はい、自分です。
多分、夜中に設計している時に寝ぼけてこのダイアログ画面をいじっちゃったんでしょう。で、一見ゼロとなっている数値はカナか英数字かはパッと見じゃわかりませんからねー。
hg_grlg _180117h

というわけで、良い教訓を得ました。
「ソフトがいうことを聞かない時は操作画面の数値を疑え」、いや「寝ぼけた自分が概ね犯人」です。

というようなことで、とりあえずは拳も外形モデリングが完成しました。
hg_grlg _180117dhg_grlg _180117e

実物で雰囲気を見るために、先日導入した出力機を使ってこの拳だけを出力してみました。
hg_grlg _180117fhg_grlg _180117g
おー、いい感じですね。拳は色分けの分割等以外は手を入れないと思うので、これでほぼ完成ですね。

これで、腕パートも完成を見たので、次は外形モデリング最後の難所の頭部に入ります。ここは勢いをつけて一気に終わらせたいですね。

(C)GAINAX・中島かずき/アニプレックス・KONAMI・テレビ東京・電通

※画像のものは開発中のものです。
今後、修正・変更される場合がございます。

1 / 11112345...102030...最後 »

© STUDIO HALFEYE