2008 年 11 月 14 日

オリジナルメカ 081114

鈴木 サトル — カテゴリー: オリジナルメカ @ 4:14 PM
「さて、随分と間があきましたが続きをやりますか」
「ホント、一ヶ月以上もあいたピヨ」
「忘れてたわけではないんだよ、仕事の方がめちゃくちゃ忙しくなったのと、風邪をこじらせちゃったのが重なっちゃって」
「もう大丈夫なのかピヨ」
「とりあえず完璧ではないけど、ほぼ治ったんで平気になりました」
「それは良かった、早速コイツの紹介を始めるピヨ」
「了解」
「今回は胴体と頭です、まずこのドライバーの先にあるのがスイッチになってます」
「腰のアーマーの上のやつかピヨ」
「その通り、後々改良して押しやすくしますが、今はこんな形です」
「確かに押しにくそうピヨ」
「このスイッチを押すと・・・」
「胴体がカショッと、伸びます」
「おお! 伸びたピヨ」
「このときになんと!・・・」
「頭も連動して起き上がります」
「本当だ! 起きてる、もう一回やるピヨ」
「さては見てなかったな」
「いいからやるピヨ」
「それじゃぁいくぞ・・・ほれっ」
「本当に胴体と一緒に頭が起き上がるピヨ」
「でしょ〜」

「さてさて、いよいよ次回で変形の方は終了になります」
「それが終ったらコイツの紹介も終りかピヨ?」
「いやいや所々で色々紹介するつもりなんで、まだまだ終らんと思うよ」
「改良したり、色塗ったりしたらかピヨ」
「そうね、他にもあるんだけど、それは追々ということで」
「まぁ、そういうことならそのうちピヨ」
「それじゃぁまた次回」
「またピヨ」

by 鈴木

© STUDIO HALFEYE