2008 年 8 月 20 日

オリジナルメカ 080820

鈴木 サトル — カテゴリー: オリジナルメカ @ 9:00 PM

「今回は脚らへんです」
「前回畳んだところは良いのかピヨ」
「ホント畳んだだけだから、こんな感じですよ」
「まぁ良いか、さて今回のパートに戻るピヨ」
「改めて脚です。まずスネにあたる部分のスイッチを押して、ロックを外すと、中のヒザ関節と一体化しているパーツが、動きます」
「ふんふん、それからどうなるピヨ」
「そのパーツを動かしていると、アラ不思議、ヒザになるパーツが起き上がります」
「オッ! 連動でしかも自動で起き上がったピヨ!」
「さらに動かしていくと、定位置でロックが掛かって、あとは足首を開いて脚部は完成」
「なんで連動したピヨ」
「まぁ、神のイタズラということで」
「時々そういうことするからねー、って! 神様関係ないピヨ!」
「いや〜ぶっちゃけ、変形させると腰のアーマーに当たるなーと思ったんで、連動できればさせたいなと」
「そんだけピヨ?」
「そんだけ」
「・・・」
「入れられれば良い程度で、その場その場で考えているから、他にもまだ何か入るかもしれないし、このままかもしれないし」
「ふ〜ん、要は行き当たりばったりでこうなったということかピヨ」
「そうともいうね」
「まぁいいや、次回はどこピヨ」
「手ができてない腕です」
「・・・それじゃぁまたピヨ」
「それじゃぁ」

by 鈴木

© STUDIO HALFEYE