なんか色々ブレードランナーぽい気分。

先日、「完全変形サイバスター」の変形実演のため、ニコニコ動画の番組「生スパロボチャンネル」に出演させていただきました。
寺田プロデューサーはじめ製作スタッフの皆様には心からお礼を申し上げます。

いかがだったでしょうか?収録後、番組映像は自分は未だ見ておりません。
もう、とても恐ろしくて見る気になれません。
とにかく本番ではアガりにアガって、何を喋ったのかもほとんど覚えていない状態です。話すべきことを話さなかったのは覚えています。いやもう、帰ってから後悔で悶絶しました。
そんな有様ですから、番組映像なんか見たら自分が許せなくて、気が変になりそうなので、未だ見れないわけです。

まあ、とりあえずベストは尽くしましたのでこれはもう、良しとしましょう。
そう言えば、東京の収録スタジオから帰るときに渡った歩道橋から見えた東京タワーがとても綺麗でしたね・・・。
無理やり良い記憶として、そのまま封印することにします。

さて、話は変わりますが、現在自分が住んでいる会社兼住居のアパートが取り壊しになるとのことで、引越しをせねばなりません。
取り壊しは来年の3月なのでまだ間がありますが、お隣やら上の住人やらはすでにいなくなり、この建物の1階の住人は自分だけになりました。
なにやら随分と静かになり、不思議な感じです。
自転車なんかも停める場所はご近所さんに気を使っていましたが、今では好き放題。
そう言えば、映画「ブレードランナー」のクライマックスの舞台の巨大な建物「ブラッドベリ・アパート」は住民はJ・F・セバスチャン一人でした。
ああ、こういう気分だったのかなぁ、と。

なので、レプリカントっぽいお客が来てくれるのを期待しているこの頃でございます。

by 高島

カテゴリー: 日記 | コメントする

災害が来るまでに食べきれるか?

毎日の夕方の休憩時にはネットでムーっぽい記事を載せているサイトをちょくちょく見ております。いや、ちょくちょくじゃないか。ほぼ毎日見てますからね。
いい加減いい歳になってきましたが、そのテの話題は未だに大好物です。成長してないってことかも、ハハハ。

そこの記事によると5月の後半は人類が滅亡するかもしれない時期なんだそうで、ファティマの予言では第3次世界大戦が始まって、別の予言では日本が大地震にみまわれて、その他諸々の余地やら予言やらが今時分に目白押しなんだそうです。いやー、恐ろしい。

その影響を受けたんですかね、備蓄食で溜め込んでいた缶詰をチェックしなければと思いつき、台所に放置していたそれの段ボール箱を久しぶりに開けて見ました。
要は親戚から送ってもらった缶詰類を面倒なんでバンバンその箱に放り込んでいたわけですが、いざ開けてみるとまあよくもこれだけ溜め込んだなぁ、と思うほどゾロゾロ出てくる。

おいおい賞味期限はいつなんだ、と見てみると大体3〜4年ぐらい前に期限が来ているものがほとんどでした。
さすがにこのままというわけにもいかないので、順番に開封して現在は消化中です。
缶詰ものは賞味期限切れでも10年は大丈夫と聞いたことがあるので傷んだりはしていませんが、もう量がすごくて・・・。
毎晩オカズは缶詰ものですよ。ハァ〜、早くも飽きて来ました。
贅沢言っちゃいけないんだけどね。

話は変わりますが、先日より続いてた「完全変形グレンラガン」メタリックバージョンの塗装が完了しました。
とても良い雰囲気に仕上がりました。グレンラガンはメタリックがとても映えるデザインなんですね。
これの公開は版権元さんに監修をしていただいてからとなりますので、ちょっと先になります。今月末近辺、といったところでしょうか?
それまでは、どうぞ楽しみにお待ちください。

by 高島

カテゴリー: グレンラガン, 日記 | コメントする

GW中でも仕事してますぞ。

ゴールデンウィークですねー、今日は最終日。
帰省されている皆さんはUターンラッシュで大変なところでしょうね。どうかお気をつけて。

こちらは例年通り、休みは一切関係なく仕事が続いてます。
自分は1日おきに成形と原型作業を交互に担当してます。
前回、派手な失敗がありましてねー。
エスカの翼の型を作る作業で、型がグダグダに歪む原因不明のトラブルが発生して、まる1日かかった型埋めの作業時間と材料のシリコン1缶まるまる無駄になりまして、今日はそれのせいでだいぶ凹んでおります。
失敗はデータが取れるんで、ありがたいものではあるんですが、やはり嬉しくはないですね。
ネタとしては面白いものになるっちゃ、なるのでこれの詳しい話は後日ヒミケンの方に書こうと思います。

今日は各作品の発送処理を行った後は、これから発表するグレンラガンのメタリックバージョンの見本の塗装を行う予定です。
バックでグレンラガンのビデオでも流しておきましょうか。
またモチベーションが上がって来るでしょうね。
今度の新規の特典のアイディアもパッと出て来るかも。
何かリクエストあったらお知らせください。採用するかも。

それでは。

by 高島

カテゴリー: 日記 | コメントする

早くも春になったので、新しい動きが始まります。

どーも、お久しぶりでございます。
前回、正月明けに当ブログを書いてから、サボりにサボって早4月、もはやこのブログを見に来てくれる方がいるのだろうか?なんて感じですが、もしご覧になってくれている方、いらっしゃいましたら心から感謝いたします。

まあ、今年も頭っからひどい思いをしながらも、おかげさまでなんとか4月までやって来れました。
楽しみにしていた桜も早々に散ってしまってますね。
幸い、うちの近所は立派な桜の木が割と多くある場所なので、遠くの名所まで出かけなくとも満開の桜を楽しむことができるのがせめてもの救い。
現在住んでいる建物は来年の今頃には取り壊されてしまうそうで、それまでに引越しをしなければいけないのですが、できればここの近所あるいはここのような桜が多い所に住みたいものです。

今年は珍しく花見も試みまして、近場の小田急線沿いの生田緑地という所に行ってきましたが、タイミングが早すぎて1本しか咲いているのを見れなかったりして。
今年はなんだか春先は寒くて咲くのが遅かったですからねー、なかなかうまくいかないもんです。

その日はそんな有様で花見に関しては見事に玉砕だったのですが、敷地内にある「岡本太郎美術館」に入ったところ、こちらは大当たりで素晴らしかったです。
昔、岡本太郎氏がテレビ等で人出演しているのを見たことがあり、その時の印象はなんだかわかんないけど向こう側に行っちゃって帰って来れない人、という感じでした。
ところが、展示されている作品や氏の著作物の解説を見ると、とんでもなく頭が良く思索を巡らしている人、というのがわかりました。

また、各作品が刺激的でねー、なんというか見ているこちらの気分全体が作品に合わせてワーッと変化するんです。
それのおかげか、美術館を出て帰る際に目に入る町の色彩が行きの時に比べて恐ろしく豊かになって見えました。もう、全く別世界な感じ。
あれはホント不思議な気分でした。
多分、作品を見たせいで脳が活性化されたんでしょうね。面白いですねー。

自分の作品の方は、現在はエスカフローネを色々と改造はしていますがほぼ仕上げ作業に入っています。
そろそろ設計の仕事も復帰する時期になってきました。長らく止めていた「超銀河グレンラガン」を再開します。
これに合わせて、新編成のグレンラガンの再販やメタリックバージョンの受注を近日より始めたいと思っています。
今回は原型は同じものですが、ここ数年で培ったメタリック成形、当社特注の専用レジンを使った自社成形の新バージョンとなる予定です。

今年の後半の仕事はグレンラガンの比率がぐっと増えますね。
是非、皆さんもお付き合いください。

by 高島

カテゴリー: お知らせ, グレンラガン, 日記 | コメントする

今年は初っ端から初ブレラン。

皆様、あけましておめでとうございます。
昨年中は諸々、皆様には大変ご迷惑をおかけしてしまいました。

さて、今年も年初からモタモタ仕事を開始しております。
元旦と2日の半分は親戚のところへ行かねばならず、仕事はほぼ手がつけられませんでしたが、2日の夜からはやっとフリーになりましたのでエスカフローネのCAD設計を行なっております。

とはいえ、正月に行く親戚周りってのはどうなんでしょうかね?
年初のスタート時に気分を一新して盛り上がりたい時に、ウマが合わない親戚にわざわざ会いに行って、テンションを下げて帰ってくる、というのはあまり良い習慣ではないような気がします。向こうだって会ったって、嬉しくないだろうしねー。
いっそのこと、酔ったふりをして派手に暴れて2度と来るな!と向こうに言わせてしまった方が、後々楽かもしれません。
あー、気分ワル。

で、帰宅して仕事を開始するにあたって、なかなかやる気が出ないので、映画をかけながらやることにしました。
元々は箱根駅伝の予定だったのですが何しろ夜だったんでね、映画の方が良いかと。

ならかける映画はこれだろう、ということで「ブレードランナー」をかけました。
良かったですねー、いい加減もう最低50回は観ているはずですが、何回観てもいいもんですね。おかげでテンションが戻りました。
今日はこれから箱根駅伝の録画をかけながら、続きをやる予定です。

それでは皆様、本年も色々とやらかしてしまうとは思いますが、どうか何卒よろしくお願いいたします。

by 高島

追伸:昨年末よりメールをお送りいただいている方がいらっしゃいますが、全文が文字化けを起こしており、判読出ません。
こちらからその旨のメールをお送りしましたが、サーバーが見つからないとのことで、メールも返ってきてしまっております。
恐れ入りますが、弊社連絡用サーバーは相性が悪いようなので、直接弊社アドレス(refer@studio-halfeye.com)
までメールをお送りください。
A person having you send an email from the end of last year comes, but a sentence causes a change, and reading does not appear.
I sent an email of so from this, but a server does not seem to be found, and the email comes back, too.
Excuse me, but send an email to our direct address(refer@studio-halfeye.com) because the server for our communication has bad affinity.Thank you.

カテゴリー: お知らせ, 日記 | コメントする