本を求めて隣町を探検。

なんだかスイッチが切り替わったように、いきなり真夏から秋っぽくなりましたね。
秋といえば、ここ最近また読書熱が戻って来まして、自分がはまっているジェフリー・ディーヴァーのボーン・コレクター・シリーズの本を図書館に借りに行ってきました。
今回は大きな図書館ではなく、地元の町の公民館の図書室。通常はネットで調べて、地元の公民館に配送してもらうのですが、本の所在地が隣町とのこと。
であればという事で、天気も良いので散歩がてら行ったことのない隣町の公民館に本を借りに行ってきました。
自分が住んでいる地域は町の作りがかなりへんてこな感じになってまして、以前越してきたばかりの時は迷ってしまい、遭難しかけたことが何度かあります。
ちょっとした探検ですね。今回もその気分が味わえるのかと思うとゾクゾクします。
・・・と期待してると、迷わないんだよねー、あっさり目的地についてしまいました。
随分長く住んでますからね、土地勘が付いてしまったんだなー、と少しがっかり。

さて、目的の図書室に行き、本棚を見てみると例のシリーズがズラッと並んでいるじゃありませんか!
元々シリーズの在庫はここが管理しているのか、はたまた全シリーズを自分と同じくはまって読んだ人が返却してそのまま在庫となっているのか?
見知らぬ同好の士が身近にいるのかと思うと、ちょっと嬉しくなりましたね。
公民館も自分のとこよりも新しくて随分ときれいで、なんだかあっちの町に住みたくなりました。
帰りは来た道と別で、わざと迷うようなコースで帰ったんですけどねー、やっぱり迷いませんでした。残念!

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク