「天冥の標」読み終わりました。

皆様お久しぶりです。サボりもサボったりで、半年ぶりの更新でございます。
もっとも、当ブログをご覧になっておられる方は自分のツイッターをご覧になっておられるのではないかと思います。まだの方はよろしければ@HajimeTkのアカウントでご覧ください。概ね、こちらで自分が生存しているのが確認できますので。当ブログと同じでロクなことは書いておりません、ハハハ。

さて、この半年何をやっていたかというとほぼ仕事だけで、相変わらずな状況です。
おかげさまで「超銀河グレンラガン」の基礎設計が完成し、これによる1次受注も終了したところです。
この辺の詳細は開発ブログの方をご覧ください。こっちも更新はサボりまくっていますが。
かなりの大仕事で、クタクタになってしまったため、半年ぶりに3日ほど休暇をいただきました。
前回ブログの時と同じくあっちに行ったり、こっちに行ったりでフラフラして3日間を過ごしました。
大仕事の後の自分へのご褒美にと、買っておいた「劇団⭐︎新感線」のDVDを見たりもしましたね。
「朧の森に森に棲む鬼」というお芝居ですが、かなり毒っ気の強いお話でした。
ちょっと休暇のリラックスしたいときに観るのには味が濃すぎるかなーという印象でした。

現在は業務に復帰し、設計と製品の部品成形の交互の日程の通常運行となっております。
先日、これも大仕事の後のご褒美の一つで買っておいた小説「天冥の標」の最終巻を読み終わりまして、これの読後の余韻が残っちゃって、なかなか大変です。
あまりに素晴らしい作品なので、これの良さがわからないやつは読まなくてヨシ!とか言いたくなりますが、これは良くないですね。みなさん読んでみてください。
成形で黙って作業をしているとこれのストーリーの脳内上映が勝手に始まってしまい、途中でハッと気づいて正気に戻りました。
こういう時は手の方はしっかり自動操縦で動いてますが、とんでもないことをやらかしたりします。
はたから見ると夢遊病者のようでかなりやばいかも。あるいは歩きスマホのような感じか。危なっかしいですね。

この時も危うく失敗するところでした。
自分が仕事に対する姿勢が不真面目だ、というわけではありません!
特別に面白いストーリーに接するとこういう風になってしまう病とご理解ください。
それぐらい面白い小説なのです。ぜひお手にとって、読んで見てください。

ではでは。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク