2018年、本年もどうぞよろしくお願い致します。その2

本日はお正月の3日目です。
元日は原稿の途中で、出かけちゃったので、続きです。
まあ、大したもんじゃないんですが、久々の近況報告なんで。
2日目はバタバタと出入りを繰り返していましたが、本日は部屋にこもりっきりで玄関の鍵を置けることもなく、1歩も出ておりません。
今日は朝から箱根駅伝の録画を流しながら、エスカフローネのキット版の説明書を作成しています。
現在、箱根駅伝は往路が終了したところです。

今回の年末・正月は映像作品に恵まれておりました。
大晦日には、1年頑張ったご褒美として借りておいたシャマラン監督の「スプリット」を見ました。
いつものような大きなどんでん返しはありませんでしたが、ラストがなかなか心憎い結び方で、おー!と思わず声が上がってしまいました。シャマラン作品を見たことがない方は昔の作品を一通り見てから、この作品を見ることをお勧めします。

元日は親戚の家に帰りに、スターウォーズを見てきました。
レイトの上映で終わった時間が終電ギリギリだったので、結構ヒヤヒヤしましたね。
映画の内容も、当初またエピソード7のような程度だとがっかりさせられるんじゃないかと心配していましたが、かなり楽しめました。
前作よりも数倍面白かったですね。

ただ、正月は普段は映画なんか全く見ないんでマナーもへったくれもない、といったような人がうじゃうじゃ詰め掛けます。
もう、上映中にトイレに立ったり、ベラベラ話したり、スマホの画面を光らせて見たり、ともうやりたい放題です。
まあ、ある程度は覚悟はしていたので、さほどは腹は立ちませんでしたが、その手の連中が来てシラけさせられる分、割引してもらいたいなー、とは思いました。

で、2日目の昨夜はルパン3世の「血煙の石川五右衛門」をネットフリックスで視聴。いやー、これも面白かった。
現在続いている「峰不二子という女」からのシリーズは非常に気に入っています。オヤジが楽しめるアニメですね。

なんか、今回も適当にダラダラ書いてるだけになっちゃいましたね。申し訳ない。
とまあ、割と鋭気は養えたようです。

もうすぐ説明書作成の仕事も終わり、「超銀河グレンラガン」の作業が再開できます。これは一気に完成まで持っていくつもりですので、どうか皆様もよろしくお付き合いのほどを。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: グレンラガン, 日記 パーマリンク