おかげさまでWFなんとか終わりました。

おかげさまで先日7/30に開催された、ワンダーフェスティバルでの当社ブースの展示もなんとか間に合いました。
ホントになんとかね。

例年と変わらず前日は徹夜仕事となり、朝はバタバタと飛び出しました。
去年にも増して大荷物の上、雨にガンガン振られる始末。さりとて駅まで徒歩で行ったりバスを待ったりしている余裕もないので、自転車で傘をさしながら大荷物を片手で押さえながら、駅まで曲乗りをして行きました。
良い子は真似しちゃダメですよ。スケジュール管理ができないダメな大人がやる行為ですから。

傘をさしてた意味があるのかわからないぐらいびしょ濡れで駅についてみると、倒木で不通になっているのが判明。途中駅から別ルートで遠回りする羽目になりました。
まあ、本当に毎年毎年トラブります。

その後、開場時間前になんとか会場入りでき、モタモタやりながらも設営完了。
今回は電源を引いて、エスカフローネ・サイバスター・グレンラガン3体それぞれLEDでライトアップする台座で展示しました。
なかなか壮観でしたよ。

今回は収穫もありました。
珍しく会場内を出歩き、展示のみながらものすごい完全変形のカラーレジンによる作品を出している人のところに行き、いろいろと根掘り葉掘り話を聞いてきました。
なんとも羨ましい話で、自前の3Dプリンターで原型と製品の関節部を出力しているそうで、話を聞いているうちに本当に欲しくなっちゃいましたよ、もう。
うちはこれから引越しを控えているので、これがなければ買っちゃうんですけどねー・・・。
いずれ、この機械は導入します。今は・・・我慢。

会場撤収後はスタッフと幕張駅前のパブでのんびり飲みまして、まったりさせてもらいました。
朝は相当大変な感じでしたが終わり良ければすべて良し。
総じて今回のイベントは天候以外はまあ良い方だったと思います。
当日お越しいただいた皆様、本当にありがとうございました。喜んでいただけたなら、徹夜した甲斐があります。

次回、冬の方はどうしましょうかね〜。
現在、参加するかどうか検討中です。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: 日記 パーマリンク