怪談を延々と聴き続けた成果をワンダーフェスティバルで!

今月末のワンダーフェスティバルが近づいてきました。
準備を諸々進めているところですが、とにかくあれやこれやと同時進行でやらなければいけないため、非常にめまぐるしい日々が続いています。

当社ブースではエスカフローネとグレンラガン・メタリックver.及びサイバスターのディスプレイを予定しています。
当社卓番号は7-07-12です。
現物をご覧になれる数少ない機会ですので、皆様ぜひお越しください。

今回は電源を引いておりまして、ディスプレイ台はLEDによるライトアップもしたいのですが、果たして間に合うかどうか・・・。
何よりも今年こそは開場時間前に間に合わせなければいけません。
頑張ります。

こんなバタバタしている状況でも、作業自体は一人で黙々とやっております。
集中作業が続いているため、またもや延々と怪談を聴いてます。
ええ、また怪談ですよ。
理由はわからないのですが、撮影とか磨き、型埋めの作業が続いているときは集中力が続いてすごくいいんですよね。
ここしばらくは北野誠氏のYouTubeの動画を再生してます。

最近では、ヒミケン用にちょっと作業中の部品の撮影をするだけでもその度に怪談を聴きたくなり、もはやこれは条件反射になって来ているんじゃないかと。
ウ〜ン、なんかまずい状態なんじゃないか?これ。

本日はエスカフローネの新規出力部品を型埋めで一日かける予定なので、この習慣病も一段と進行するのではないかと。
話よりもこっちの方が怖いな・・・。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: お知らせ, 日記 パーマリンク