「ウォーキング・デッド」並みに十分サバイバルですから、うちは。

一月ぶりの更新です。毎度おなじみの超多忙による短眠地獄から生還してまいりました。
今日は久しぶりに成形関係の仕事をしない日が設けられたので、原稿書きと原型製作の作業をしています。

えー、本当に早いもので今年も残りひと月となってしまいました。
なんだかんだと今年もバタバタしているばっかりで、各方面の方には助けてもらったり、手伝ってもらったり、我慢してもらったりと、もらってばっかりの割には一向に懐が暖かくならない、となんとも落語のオチみたいな流れになってまいりました。
・・・いけないいけない、ちょっと軌道修正。

来年こそはもらったりざんまいを返上してここ数年の悲願、原型製作の時間を確保しての新作の発売ペースアップを実現したいと思っております。
以前の繰り返しになってしまいますが近々、新スタッフの募集をしたいと思っております。その際にはよろしく。

さて、非常に厳しい日々を送っておりますが、お昼時に見る海外ドラマがストレスフルな日常を多少和らげてくれています。
こないだまでは「スコーピオン」・「グリム」を観ておりました。

で、つい先日より始まった、自分がどハマりしている「ウォーキング・デッド」の新シーズンにどっぷり浸かるか・・・というと、1話を観たきりでそのあとは観ておりません。

なんというか、話がキツくて自然にストップがかかり、ビデオデッキの中で続きの録画データは封印状態です。
観た方も結構おられるんじゃないかと思いますが、キツいんですよー。
日々のストレスを解消するどころか、あれじゃ余計に色々溜め込んでいっちゃいそうなんで、まあ色々キツい今は観れそうにありません。

やっぱあーいう世界は、文明が滅んでも頭モヒカンにして、革ジャンに羽くっつけてバイク乗り回して「ヒャッハー!」とか言えるような根性じゃないと生きていけないだな、と、
この辺も来年の目標に入れておきましょうか。

というようなことを書きつつ、今日はエスカの原型作業もやっております。
こっちは先日出力した部品をハメ合わせたら外れなくなっちゃって、
「ヒャッハー」どころか半べそ状態なんですけどね。
この辺の話はいずれまたヒミケンページの方で。

また、本日0時で「最小変形ゲッター1ver.2014」の通販受注が締め切りとなります。
足掛け3年の企画いよいよ完結となります。支えていただきました各方面の皆様には感謝を申し上げつつ、今回はここまで。

by 高島

高島 肇 の紹介

スタジオ・ハーフ・アイ代表にして大黒柱の原型師。変形ギミックに命を懸ける、まさに変形の鬼。代表作:完全変形ゲッターロボなど多数。
カテゴリー: ゲッターロボ, 日記 パーマリンク